お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-20 14:25
A Golden-Free Hardware Trojan Detection Technique Considering Intra-Die Variation
Fakir Sharif HossainTomokazu YonedaMichihiro ShintaniMichiko InoueNAIST)・Alex OrailogluUniv. of California, San DiegoDC2017-84
抄録 (和) High detection sensitivity in the presence of process variation is a key challenge for hardware Trojan detection through side channel analysis. In this work, we present an efficient Trojan detection approach in the presence of elevated process variations. The detection sensitivity is sharpened by 1) comparing power levels from neighboring regions within the same chip so that the two measured values exhibit a common trend in terms of process variation, and 2) generating test patterns that toggle each cell multiple times to increase Trojan activation probability. Detection sensitivity is analyzed and its effectiveness demonstrated by means of RPD (relative power difference). We evaluate our approach on ISCAS?89 and ITC?99 benchmarks and the AES-128 circuit for both
combinational and sequential type Trojans. High detection sensitivity is demonstrated by analysis on RPD under a variety of process variation levels and experiments for Trojan inserted circuits. 
(英) High detection sensitivity in the presence of process variation is a key challenge for hardware Trojan detection through side channel analysis. In this work, we present an efficient Trojan detection approach in the presence of elevated process variations. The detection sensitivity is sharpened by 1) comparing power levels from neighboring regions within the same chip so that the two measured values exhibit a common trend in terms of process variation, and 2) generating test patterns that toggle each cell multiple times to increase Trojan activation probability. Detection sensitivity is analyzed and its effectiveness demonstrated by means of RPD (relative power difference). We evaluate our approach on ISCAS?89 and ITC?99 benchmarks and the AES-128 circuit for both
combinational and sequential type Trojans. High detection sensitivity is demonstrated by analysis on RPD under a variety of process variation levels and experiments for Trojan inserted circuits.
キーワード (和) Hardware Trojan / Detection sensitivity / Power based Side-channel / Spatial correlation / Process Variations / / /  
(英) Hardware Trojan / Detection sensitivity / Power based Side-channel / Spatial correlation / Process Variations / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 444, DC2017-84, pp. 43-48, 2018年2月.
資料番号 DC2017-84 
発行日 2018-02-13 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2017-84

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2018-02-20 - 2018-02-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) VLSI設計とテストおよび一般 
テーマ(英) VLSI Design and Test, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2018-02-DC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Golden-Free Hardware Trojan Detection Technique Considering Intra-Die Variation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Hardware Trojan / Hardware Trojan  
キーワード(2)(和/英) Detection sensitivity / Detection sensitivity  
キーワード(3)(和/英) Power based Side-channel / Power based Side-channel  
キーワード(4)(和/英) Spatial correlation / Spatial correlation  
キーワード(5)(和/英) Process Variations / Process Variations  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Fakir Sharif Hossain / Fakir Sharif Hossain /
第1著者 所属(和/英) Nara Institute of Science and Technology (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomokazu Yoneda / Tomokazu Yoneda /
第2著者 所属(和/英) Nara Institute of Science and Technology (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Michihiro Shintani / Michihiro Shintani /
第3著者 所属(和/英) Nara Institute of Science and Technology (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Michiko Inoue / Michiko Inoue /
第4著者 所属(和/英) Nara Institute of Science and Technology (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Alex Orailoglu / Alex Orailoglu /
第5著者 所属(和/英) University of California, San Diego (略称: カリフォルニア大, San Diego)
University of California, San Diego (略称: Univ. of California, San Diego)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-20 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2017-84 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.444 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2018-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会