お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-20 11:15
ニューラルネットワークを用いた植物蒸発散量推定における時系列特徴重畳手法
若森和昌柴田 瞬澤村 武鈴木大地切岩祥和鈴木克己峰野博史静岡大PRMU2017-165 CNR2017-43
抄録 (和) 農業分野では植物の蒸発散量の積算値(積算蒸発散量)に基づいて灌水を制御することで過不足のない灌水制御を実現するだけでなく,果実の収穫時糖度を向上できることから積算蒸発散量の高精度な推定手法の開発が期待されている.ただし,積算蒸発散量といった時系列データの推定では,推定モデルに時系列特徴を重畳し時間経過にともなう変数間の関係変化をモデル化する必要がある.時系列特徴を重畳できるモデル化手法として再帰型ニューラルネットワーク(RNN)があるが,RNNは再帰構造を持たない多層パーセプトロン(MLP)などのパラメータ数の少ない手法に比べてモデル構築に要求される訓練データが多く,大規模な訓練データの確保が困難な農業分野への適用には課題があった.本研究では,事前抽出した植物の時系列特徴を説明変数に加え,MLPでモデル構築することでRNNと同等の推定精度を維持しながら要求される訓練データ量を削減する手法を提案する.トマト栽培時の実データを用いた基礎評価の結果,提案手法はRNNの一種であるStacked LSTMと同等の精度で植物の積算蒸発散量を推定できるだけでなく,要求される訓練データを大幅に削減できることを確認した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 農業 / 蒸発散量推定 / ニューラルネットワーク / 時系列特徴 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 442, PRMU2017-165, pp. 115-120, 2018年2月.
資料番号 PRMU2017-165 
発行日 2018-02-12 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-165 CNR2017-43

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2018-02-19 - 2018-02-20 
開催地(和) 和歌山大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界情報処理、3D点群処理およびその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ニューラルネットワークを用いた植物蒸発散量推定における時系列特徴重畳手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time series Feature Injection Method for Estimating Plant Evapotranspiration using Neural Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 農業 /  
キーワード(2)(和/英) 蒸発散量推定 /  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク /  
キーワード(4)(和/英) 時系列特徴 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若森 和昌 / Kazumasa Wakamori / ワカモリ カズマサ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 瞬 / Shun Shibata / シバタ シュン
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤村 武 / Takeshi Sawamura / サワムラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 大地 / Daichi Suzuki / スズキ ダイチ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 切岩 祥和 / Yoshikazu Kiriiwa / キリイワ ヨシカズ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 克己 / Katsumi Suzuki / スズキ カツミ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰野 博史 / Hiroshi Mineno / ミネノ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-20 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-165,IEICE-CNR2017-43 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.442(PRMU), no.443(CNR) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-02-12,IEICE-CNR-2018-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会