お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-17 15:00
官民データ活用による行政課題解決サイクルの仕組み化に向けて ~ 「官民データ活用シナリオ創発プラットフォーム事業」の取組み ~
狩野英司行政情報システム研)・大西浩史リアライズAI2017-29
抄録 (和) 近年、政府はオープンデータの推進に向けて様々な施策を講じてきたが、自治体でのオープンデータの導入は伸び悩んでおり、データ活用による課題解決も期待ほど進んでいない。こうした状況を打開するには、行政におけるデータ活用の方法論を“仕組み化”することが有効と考えられる。「官民データ活用シナリオ創発プラットフォーム事業」は、官民データを活用したアイデア創発を継続的・発展的に実現するサイクルの構築を目指す取組みであり、課題解決型のデータ利活用を実現するとともに、オープンデータそのものの推進にも資することが期待される。本稿では本事業の背景、目的、枠組みを論じた上で、実際の行政への適用結果の評価を行う。 
(英) In recent years, government has taken various measures to promote open data, but the introduction of open data into local government is stagnated, and problem solving by utilizing data has not advanced as much as expected. "Public and Private Data Utilization Scenario Creation Platform Project" is a challenge to build a cycle creating ideas continuously by utilizing public and private data. It is also expected to contribute to the realization of data utilization for problem solving and the promotion of open data. In this paper, after explaining its background, purpose and framework, the result of real practices will be evaluated.
キーワード (和) 官民データ / データジャケット / データ活用 / オープンデータ / データ市場 / 行政 / /  
(英) Public and Private Data / Data Jacket / Data Utilization / Open Data / Data Market / Government / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 440, AI2017-29, pp. 67-72, 2018年2月.
資料番号 AI2017-29 
発行日 2018-02-10 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2017-29

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2018-02-17 - 2018-02-17 
開催地(和) 東京大学 本郷キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 「データ市場特集IV:計算機・データ・人材の融合による異分野データ連携と価値化を促す技術群」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2018-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 官民データ活用による行政課題解決サイクルの仕組み化に向けて 
サブタイトル(和) 「官民データ活用シナリオ創発プラットフォーム事業」の取組み 
タイトル(英) Building a Framework of Resolving Public Issues by Utilizing Data 
サブタイトル(英) Public and Private Data Utilization Scenario Creation Platform Project 
キーワード(1)(和/英) 官民データ / Public and Private Data  
キーワード(2)(和/英) データジャケット / Data Jacket  
キーワード(3)(和/英) データ活用 / Data Utilization  
キーワード(4)(和/英) オープンデータ / Open Data  
キーワード(5)(和/英) データ市場 / Data Market  
キーワード(6)(和/英) 行政 / Government  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 狩野 英司 / Eiji Kano / カノウ エイジ
第1著者 所属(和/英) 行政情報システム研究所 (略称: 行政情報システム研)
Institute of Administrative Information Systems (略称: AIS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 浩史 / Koshi Onishi /
第2著者 所属(和/英) 株式会社リアライズ (略称: リアライズ)
Realize Corporation (略称: Realize)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-17 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2017-29 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2018-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会