お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 11:10
後方誘導ブリルアン散乱光をシードとして用いた多段前方ブリルアン散乱光の発生 ~ 概念の提案と実験的観測および音響インピーダンスの分布測定への応用 ~
林 寧生東大)・水野洋輔中村健太郎東工大)・セット ジイヨン山下真司東大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) はじめに、前方多段ブリルアン散乱(CFBS)スペクトルを後方誘導ブリルアン散乱光を用いて発生させる概念を提案した。この提案では、対抗伝搬するポンプ光とプローブ光を用いる。プローブ光の中心周波数をポンプ光の中心周波数―後方誘導ブリルアン散乱光の周波数シフト+FBSの第一共振ピークに設定することにより、CFBSを派生させる。次に、その提案に基づきCBFSを実験的に観測した、最後に、そのCFBSのポンプパワー依存性・プローブパワー依存性・中心周波数の温度依存性を測定した。この提案した原理を用いることにより、CFBSに基づく音響インピーダンスの分布測定を実証できる可能性がある。 
(英) We propose a novel principle for generating the cascaded forward Brillouin scattering (CFBS) using a counter-propagating pump-probe technique. The basic concept of this principle is the use of backward stimulated Brillouin scattering as the seed of CFBS. The CFBS induced by FSBS is generated via the energy transfer from the probe light to other acoustic resonance frequencies. Subsequently, we experimentally observe the CFBS in a 390-m-long highly nonlinear fiber exploiting this principle. The measured CFBS has a high signal-to-noise ratio (SNR) and the center frequencies of its acoustic resonance peaks agree with theoretical values. Finally, we clarify the sensing properties of the generated CFBS, such as the SNR dependence on pump and probe powers and the CFBS frequency shift dependence on temperature.
キーワード (和) 導波型音響波ブリルアン散乱光 / 音響インピーダンス / 光ファイバセンサ / / / / /  
(英) Guided acoustic-wave Brillouin scattering / acoustic impedance / optical fiber sensors / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 OPE OCS OFT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 沖縄県立博物館 講座室 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2018-02-OPE-OCS-OFT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 後方誘導ブリルアン散乱光をシードとして用いた多段前方ブリルアン散乱光の発生 
サブタイトル(和) 概念の提案と実験的観測および音響インピーダンスの分布測定への応用 
タイトル(英) Fiber-optic cascaded forward Brillouin scattering seeded by backward stimulated Brillouin scattering: conceptual proposal and experimental validation 
サブタイトル(英) Distributed acoustic impedance sensing application 
キーワード(1)(和/英) 導波型音響波ブリルアン散乱光 / Guided acoustic-wave Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) 音響インピーダンス / acoustic impedance  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバセンサ / optical fiber sensors  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 寧生 / Neisei Hayashi / ハヤシ ネイセイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) セット ジイヨン / Sze Yun Set / セット ジイヨン
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 真司 / Shinji Yamashita / ヤマシタ シンジ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.433(OCS), no.434(OFT), no.435(OPE) 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会