電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 15:30
[依頼講演]導電膜ガラスアンテナ
加賀谷 修旭硝子
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ビルなどの構造物や車両などでは省エネ性能向上などの為,コーティング膜付きの熱線反射ガラスが用いられるケースがある.
コーティング膜は,スパッタ法などにより作成される銀系膜などがある.
本論では,このような導電性の薄膜がコーティングされたガラスをアンテナとして用いる方法について検討し,透明性を確保した非接触給電のノッチアンテナを提案する. 
(英) In recent years, in structures such as buildings and vehicles, heat ray reflective glass with a coating layer is used in order to improve energy saving performance and the like.
The coating layer may be a silver-based layer prepared by a sputtering method or the like.
In this paper, we propose a method of using glass coated with such a conductive layer as an antenna, and propose a notch antenna with non-contact feeding with transparency.
キーワード (和) ガラス / 導電膜 / ノッチ / / / / /  
(英) Glass / Conductive layer / Notch / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 436, AP2017-188, pp. 67-71, 2018年2月.
資料番号 AP2017-188 
発行日 2018-02-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 構造計画研究所 
開催地(英) Kozo Keikaku Engineering, Inc. 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 導電膜ガラスアンテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Glass antenna using conductive layer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ガラス / Glass  
キーワード(2)(和/英) 導電膜 / Conductive layer  
キーワード(3)(和/英) ノッチ / Notch  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加賀谷 修 / Osamu Kagaya / カガヤ オサム
第1著者 所属(和/英) 旭硝子株式会社 (略称: 旭硝子)
ASAHI GLASS CO., LTD. (略称: AGC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-188 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会