お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 13:30
SI型光ファイバ励振条件と接続損失に関する研究(3)
聖山光大内田一輝須田拳太長瀬 亮千葉工大OFT2017-76 OPE2017-184 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2017-184
抄録 (和) SI型光ファイバ部品を評価するための励振条件としてEMDが有効であることが知られているが,HPCFでEMDを得るには3 km長のHPCFが必要である.今回2 m長のHPCFでEMDを得る手法を試みた. 
(英) It was reported that the equilibrium mode distribution state(EMD)is good to measure optical performance of passive components with step-index multimode fibers. EMD can be generated using 3km long HPCF,however,it needs a large drum to handle HPCF. We tried to make pseudo-EMD and confirmed its performance using 2 m long HPCF and a lens.
キーワード (和) HPCF / 励振条件 / EAF / EMD / / / /  
(英) HPCF / launch condition / encircled angular flux / equilibrium mode distribution state / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 434, OFT2017-76, pp. 41-45, 2018年2月.
資料番号 OFT2017-76 
発行日 2018-02-08 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2017-76 OPE2017-184 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2017-184

研究会情報
研究会 OPE OCS OFT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 沖縄県立博物館 講座室 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-02-OPE-OCS-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SI型光ファイバ励振条件と接続損失に関する研究(3) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on optical connector attenuation and launching condition for SI-type optical fiber (3) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HPCF / HPCF  
キーワード(2)(和/英) 励振条件 / launch condition  
キーワード(3)(和/英) EAF / encircled angular flux  
キーワード(4)(和/英) EMD / equilibrium mode distribution state  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 聖山 光大 / Mitsuhiro Hijiriyama / ヒジリヤマ ミツヒロ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 一輝 / Kazuki Uchida / ウチダ カズキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 拳太 / Kenta Suda / スダ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 亮 / Ryo Nagase / ナガセ リョウ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2017-76,IEICE-OPE2017-184 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.434(OFT), no.435(OPE) 
ページ範囲 pp.41-45(OFT), pp.79-83(OPE) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2018-02-08,IEICE-OPE-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会