電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 10:40
周波数領域両耳聴モデルにおける話者の位置情報を利用した音源分離制御機能の実装
御手洗宏樹清田佳偉イルワンシャー宇佐川 毅熊本大EA2017-97
抄録 (和) 周波数領域両耳聴モデル(Frequency Domain Binaural Model : FDBM)は,両耳間レベル差及び両耳間位相差を用いることで,周囲の干渉ノイズを減衰させつつ,ある特定方向からの信号のみを抽出することが可能な両耳聴モデルである.本論文では、Webカメラを用いた人間の顔検出機能により話者位置推定することで,話者の位置情報を用いたFDBMにおける音源分離機能の制御を検討する. 
(英) Frequency Domain Binaural Model (FDBM) can extract only signal from a specific direction while attenuating ambient interference noise based on Internaural Level Difference (ILD) and Internaural Phase Difference (IPD). In this paper, a new directivity control of FDBM using speaker tracking based on face image detection by Web camera.
キーワード (和) 周波数領域両耳聴モデル / Webカメラ / 顔検出機能 / 話者位置推定 / / / /  
(英) Frequency Domain Binaural Model / Web camera / face image detection / speaker tracking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 430, EA2017-97, pp. 21-26, 2018年2月.
資料番号 EA2017-97 
発行日 2018-02-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-97

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 県立広島大学 
開催地(英) Pref. Univ. Hiroshima 
テーマ(和) 応用/電気音響、一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-02-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域両耳聴モデルにおける話者の位置情報を利用した音源分離制御機能の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-time implementation of frequency domain binaural model-based speech segregation by using sound source direction information obtained by a webcamera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域両耳聴モデル / Frequency Domain Binaural Model  
キーワード(2)(和/英) Webカメラ / Web camera  
キーワード(3)(和/英) 顔検出機能 / face image detection  
キーワード(4)(和/英) 話者位置推定 / speaker tracking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 御手洗 宏樹 / Koki Mitarai / ミタライ コウキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto Univesity (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清田 佳偉 / Kai Kiyota / キヨタ カイ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto Univesity (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) イルワンシャー / Irwansyah / イルワンシャー
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto Univesity (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto Univesity (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-97 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会