電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-15 16:15
[招待講演]非ガウス・非線形・非定常な音環境システムに対する信号処理 ~ 40年のささやかな歩み ~
生田 顕県立広島大EA2017-96
抄録 (和) 現実の音環境システムでは,対象信号は様々な変動分布を示し,観測データには非ガウス性の暗騒音の混入するのが通常である.さらに,システムの入出力間には通常の線形相関以外に非線形の高次相関が存在している.したがって,入出力間のシステム特性を単純な線形相関や低次統計量のみで表現できない場合がしばしば出現する.本報告では,従来の構造的解析法ではその系統的解析がかなり困難であった複雑・多様な実音環境に着目し,高次の統計情報を考慮することにより,40年にわたり取り組んできた研究の一端について概説する.特に,変動の非ガウス性・非定常性およびシステムの非線形性に少しでも寄与でき,これに合理的に対応できる信号処理法について考察する.具体的には,非線形性を示す現実の複雑な音環境システムにおいて,非ガウス性・非定常性を示す暗騒音下での観測データに基づき,対象信号を推定・予測するための状態推定法やシステム同定法について概説する. 
(英) In the actual sound environment system, a specific signal shows various types of probability distribution, and the observation data are usually contaminated by the background noise of non-Gaussian distribution type. Furthermore, there potentially exist various nonlinear correlations in addition to the liner correlation between input and output time series. Consequently, often the system input and output relationship in the actual phenomenon cannot be represented by a simple model using only the linear correlation and lower order statistics. In this report, complex sound environment systems difficult to analyze by using usual structural method have been considered. By introducing nonlinear system models based on several higher order statistics between input and output signals, the estimation and/or prediction methods of the specific signal for sound environment systems have been theoretically proposed in a suitable form for the sound environment system with nonlinear, non-Gaussian and nonstationary properties. The research results in my forty-year history are described in this report.
キーワード (和) 音環境 / 非線形システム / 非ガウス分布 / 非定常性 / / / /  
(英) Sound Environment / Nonlinear System / Non-Gaussian Distribution / Nonstationary Property / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 430, EA2017-96, pp. 19-19, 2018年2月.
資料番号 EA2017-96 
発行日 2018-02-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-96

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 県立広島大学 
開催地(英) Pref. Univ. Hiroshima 
テーマ(和) 応用/電気音響、一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-02-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非ガウス・非線形・非定常な音環境システムに対する信号処理 
サブタイトル(和) 40年のささやかな歩み 
タイトル(英) Signal Processing for Sound Environment System with Non-Gaussian, Nonlinear and Nonstationary Properties 
サブタイトル(英) My forty-year history at a slow pace 
キーワード(1)(和/英) 音環境 / Sound Environment  
キーワード(2)(和/英) 非線形システム / Nonlinear System  
キーワード(3)(和/英) 非ガウス分布 / Non-Gaussian Distribution  
キーワード(4)(和/英) 非定常性 / Nonstationary Property  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 生田 顕 / Akira Ikuta / イクタ アキラ
第1著者 所属(和/英) 県立広島大学 (略称: 県立広島大)
Prefectural Univeristy of Hiroshima (略称: Prefectural Univ. Hiroshima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-15 16:15:00 
発表時間 40 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-96 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 p.19 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-EA-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会