電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-15 16:15
広視野動揺映像における動揺認知量と不快度
蓼沼 眞NHK
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 視聴者の身体に悪影響を及ぼす恐れのある画面動揺を含んだ映像について,その不快度を推定する方法をこれまで研究開発し,推定精度の改善を図ってきた.
今回,これまで対象としてきた視野サイズの2K,4Kに,より広視野の8Kを加えた上で,複数の動揺領域の目立ちやすさと位置関係を変え,知覚される動揺の大きさである「動揺認知量」と不快度を調べる評価実験を行った.
その結果,視野サイズおよび動揺領域間距離によって動揺認知量と不快度との乖離がどのように変化するのか明らかになった. 
(英) The author has developed methods to estimate the unpleasantness degree of shaking images which should cause a certain harmful influence on viewers’ body, and improved the precision of the estimation.
This time, the author carried out a series of experiments, with which the psychological index for quantity of shakiness named "cognition degree of shakiness" and the unpleasantness degree were evaluated in various conditions; the viewing area sizes were expanded to extra wide-field 8K adding to the previous sizes of 2K and 4K, and the different saliency and locations of some shaking areas were combined.
As the result, it was revealed how the divergence between the cognition degree of shakiness and the unpleasantness degree changes by the viewing area size and the distance between shaking areas.
キーワード (和) 広視野 / 動揺映像 / 動揺認知量 / 不快度 / / / /  
(英) Wide-Field / Shaking Images / Cognition Degree of Shakiness / Unpleasantness Degree / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-HI 
会議コード 2018-02-ITS-IE-MMS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広視野動揺映像における動揺認知量と不快度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cognition Degree of Shakiness and Unpleasantness Degree about Wide-Field Shaking Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広視野 / Wide-Field  
キーワード(2)(和/英) 動揺映像 / Shaking Images  
キーワード(3)(和/英) 動揺認知量 / Cognition Degree of Shakiness  
キーワード(4)(和/英) 不快度 / Unpleasantness Degree  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蓼沼 眞 / Makoto Tadenuma / タデヌマ マコト
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-15 16:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-HI 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会