お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-15 17:15
波長多重信号における光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線
横田 嶺高久優斗來住直人電通大OFT2017-73 OPE2017-177 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2017-177
抄録 (和) 全光信号処理のためのタイミング制御素子として光可変遅延線の実現が求められている.波長変換と分散性媒質を用いる手法があり,波長分散に起因する歪を補償するため光フーリエ変換を用いる.単一波長信号については,相互位相変調を用いた光フーリエ変換器と四光波混合による波長変換器を用いることで非線形光学効果のみを用いた全光歪補償可変遅延線を構成することが可能であると確認されている.本報告では,波長多重信号を用いて歪補償可変遅延線における遅延特性の検証実験を行い,信号チャネルごとに異なる遅延量が得られた.結果として歪補償可変遅延線は波長多重信号においても適用可能であることが明らかになった. 
(英) Optical variable delay line is required in signal timing controller for all optical signal processing.All optical variable delay line can be realized with a wavelength conversion and a dispersive medium for single channel signal.In this paper, we demonstrate optical Fourier transformation assisted distortion compensating optical variable delay line for WDM signals.All optical variable delay with small distortion has been realized for WDM signals.
キーワード (和) 全光信号処理 / 光可変遅延線 / 光フーリエ変換 / 相互位相変調 / 波長変換 / 分散性媒質 / 波長多重信号 /  
(英) All optical signal processing / Optical variable delay line / Optical Fourier transformation / Cross phase modulation / Wave length conversion / Dispersive medium / WDM /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 434, OFT2017-73, pp. 23-28, 2018年2月.
資料番号 OFT2017-73 
発行日 2018-02-08 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2017-73 OPE2017-177 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2017-177

研究会情報
研究会 OPE OCS OFT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 沖縄県立博物館 講座室 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-02-OPE-OCS-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長多重信号における光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical Fourier transformation assisted distortion compensating optical variable delay line for WDM signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全光信号処理 / All optical signal processing  
キーワード(2)(和/英) 光可変遅延線 / Optical variable delay line  
キーワード(3)(和/英) 光フーリエ変換 / Optical Fourier transformation  
キーワード(4)(和/英) 相互位相変調 / Cross phase modulation  
キーワード(5)(和/英) 波長変換 / Wave length conversion  
キーワード(6)(和/英) 分散性媒質 / Dispersive medium  
キーワード(7)(和/英) 波長多重信号 / WDM  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 嶺 / Ryo Yokota / ヨコタ リョウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高久 優斗 / Yuto Takaku / タカク ユウト
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学大学院 (略称: 電通大)
The University of Electro Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 來住 直人 / Naoto Kishi / キシ ナオト
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学大学院 (略称: 電通大)
The University of Electro Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-15 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2017-73,IEICE-OPE2017-177 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.434(OFT), no.435(OPE) 
ページ範囲 pp.23-28(OFT), pp.41-46(OPE) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2018-02-08,IEICE-OPE-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会