お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-31 14:55
断熱型量子磁束パラメトロンを用いた低エネルギー強磁性体マトリックスメモリの検討
岩下颯斗谷口壮耶加藤悠輝佐野京佑田中雅光藤巻 朗名大SCE2017-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2017-41
抄録 (和) 高エネルギー効率な計算機の実現に向け、強磁性体パターンを記憶素子とする、マトリックスメモリの検討を行った。ビット線とワード線の交点において強磁性体パターンを磁化させ、その向きが1bitのバイナリ情報に対応する。読み出しは、断熱型量子磁束パラメトロンを用いた3入力ANDゲートによって行うことで、超低エネルギー動作が期待される。等価回路で残留磁化を模擬した数値計算により、提案したメモリセルの動作を確認した。現在、マトリックスメモリを構成した際の読み出し動作を検証するため、Pd0.89Ni0.11強磁性体パターンを堆積させた読み出し専用メモリセルの試作を行い、その実験的評価を進めている。 
(英) We study on matrix memory using patterned ferromagnetic materials for storage elements toward highly energy-efficient computing. The ferromagnetic pattern at the intersection point of selected bit line and word line is magnetized, and the direction of magnetization corresponds to 1-bit binary information. A 3-input AND gate based on the adiabatic quantum flux parametron is used for readout, by which ultra-low energy operation is expected. We confirmed correct operation of the proposed memory cell from numerical simulation of the equivalent circuit simulating the effect of residual magnetism. We have fabricated memory cells of read-only memory using Pd0.89Ni0.11 ferromagnetic patterns in order to experimentally verify the readout operation in matrix memory.
キーワード (和) 強磁性体 / 超伝導位相エンジニアリング / 高エネルギー効率論理回路 / / / / /  
(英) Ferromagnetic material / superconductor phase engineering / energy-efficient logic circuit / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 428, SCE2017-41, pp. 57-62, 2018年1月.
資料番号 SCE2017-41 
発行日 2018-01-24 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2017-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2017-41

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2018-01-31 - 2018-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SQUID・高周波・計測技術及び応用、一般 
テーマ(英) SQUID, high frequency, sensing technologies and their applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2018-01-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 断熱型量子磁束パラメトロンを用いた低エネルギー強磁性体マトリックスメモリの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Low-Energy Ferromagnetic Matrix Memory Using Adiabatic Quantum Flux Parametrons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 強磁性体 / Ferromagnetic material  
キーワード(2)(和/英) 超伝導位相エンジニアリング / superconductor phase engineering  
キーワード(3)(和/英) 高エネルギー効率論理回路 / energy-efficient logic circuit  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩下 颯斗 / Hayato Iwashita / イワシタ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 壮耶 / Soya Taniguchi / タニグチ ソウヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 悠輝 / Haruki Kato / カトウ ハルキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 京佑 / Kyosuke Sano / サノ キョウスケ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雅光 / Masamitsu Tanaka / タナカ マサミツ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤巻 朗 / Akira Fujimaki / フジマキ アキラ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-31 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2017-41 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2018-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会