お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-31 14:05
磁気マーカーを用いた液相でのバイオ物質検出
高藤佳嗣入江康太秋吉一輝笹山瑛由吉田 敬円福敬二九大SCE2017-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2017-39
抄録 (和) 磁気マーカーと超伝導量子干渉素子(SQUID)を用いた液相免疫検査法を開発している。本手法では,粒子のブラウン緩和を用いることによって,結合マーカー(Bound)と未結合マーカー(Free)を磁気的に分離することが出来る。したがって,従来の光学的手法で必要とされていた,洗浄による結合マーカーと未結合マーカーの分離(B / F分離)工程を省くことが出来る。この手法を用いて,C反応性タンパク質(CRP)の検出を行った。CRP濃度と検出信号の間には良い相関があり,CRPの最小検出濃度は1pg / mLとなった。今後は,未結合マーカーの凝集によるブランクシグナルを低減し,再現性を高めることが課題である。 
(英) We have been developing a liquid-phase immunoassay using magnetic markers and a superconducting quantum interference device (SQUID). In this method, bound and free markers are magnetically differentiated by using the Brownian relaxation of the free markers. Hence, the time consuming washing process that is needed in the conventional optical method for Bound/Free (B/F) separation can be eliminated. Using the method, we demonstrated a detection of C-reactive protein (CRP). We obtained good correlation between the detected signal flux and the concentration of CRP. The minimum detectable concentration was 1 pg/mL. Since the present sensitivity is limited by the blank signal caused by the aggregation of free markers, much improvement will be possible if this problem is solved.
キーワード (和) CRP / ブラウン緩和 / 免疫検査 / 磁気マーカー / HTS SQUID / / /  
(英) CRP / Brownian Relaxation / Immunoassay / Magnetic Marker / HTS SQUID / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 428, SCE2017-39, pp. 45-50, 2018年1月.
資料番号 SCE2017-39 
発行日 2018-01-24 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2017-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2017-39

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2018-01-31 - 2018-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SQUID・高周波・計測技術及び応用、一般 
テーマ(英) SQUID, high frequency, sensing technologies and their applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2018-01-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 磁気マーカーを用いた液相でのバイオ物質検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Liquid-Phase Detection of Biomaterial Using Magnetic Markers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CRP / CRP  
キーワード(2)(和/英) ブラウン緩和 / Brownian Relaxation  
キーワード(3)(和/英) 免疫検査 / Immunoassay  
キーワード(4)(和/英) 磁気マーカー / Magnetic Marker  
キーワード(5)(和/英) HTS SQUID / HTS SQUID  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高藤 佳嗣 / Yoshitsugu Takafuji / タカフジ ヨシツグ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 入江 康太 / Kouta Irie / イリエ コウタ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋吉 一輝 / Kazuki Akiyoshi / アキヨシ カズキ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹山 瑛由 / Teruyoshi Sasayama / ササヤマ テルヨシ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 敬 / Takashi Yoshida / ヨシダ タカシ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 円福 敬二 / Keizi Enpuku / エンプク ケイジ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-31 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2017-39 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2018-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会