お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-31 14:20
センサーネットワークにおけるノード端末強制リセット回路用レクテナに関する研究
三池淳平藤本孝文石塚洋一藤島友之杉本知史岩崎昌平西川祐貴長崎大ASN2017-113
抄録 (和) 著者らは斜面地モニタリング用ワイヤレスセンサネットワークシステムを構築している.本システムにおいて,ノード端末に何らかの不具合が生じた場合,ノード端末はハングアップしてしまう.そこで,本研究ではドローンとレクテナの技術を組み合わせたノード端末強制リセット回路を提案する.提案する回路は遠隔操作が可能なため,斜面地に構築されたセンサネットワークのノード端末を安全にリセットすることができる.本稿では,ノード端末強制リセット回路用レクテナの整流回路を設計・試作し,実験により提案するリセット回路の特性を検証した. 
(英) Authors have proposed wireless sensor network for monitoring slope. When malfunctions occur in the node terminals, the terminals hang up. In this study, we propose a hard-reset circuit which consists of a drone and a rectenna. Because the proposed reset circuit can be operated by remote control, the node terminals can be safely reset in wireless sensor network constructed in the slope. In this paper, a rectifier of the hard-reset circuit for the node terminal is designed by the simulation. The characteristics of the fabricated circuit is verified.
キーワード (和) 斜面地モニタリング / ワイヤレスセンサネットワーク / リセット回路 / ドローン / レクテナ / / /  
(英) Monitoring Slope / Wireless Sensor Network / Reset Circuit / Drone / Rectenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 426, ASN2017-113, pp. 169-174, 2018年1月.
資料番号 ASN2017-113 
発行日 2018-01-23 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-113

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2018-01-30 - 2018-01-31 
開催地(和) 三菱電機 湯布郷館 
開催地(英) Yufugo-kan (Oita) 
テーマ(和) 知的環境,センサネットワーク,技術展示,及び,一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, Sensor networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-01-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサーネットワークにおけるノード端末強制リセット回路用レクテナに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rectenna for a Hard-Reset Circuit of Node Terminals in Wireles Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 斜面地モニタリング / Monitoring Slope  
キーワード(2)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(3)(和/英) リセット回路 / Reset Circuit  
キーワード(4)(和/英) ドローン / Drone  
キーワード(5)(和/英) レクテナ / Rectenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三池 淳平 / Jumpei Miike / ミイケ ジュンペイ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 孝文 / Takafumi Fujimoto / フジモト タカフミ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 洋一 / Yoichi Ishizuka / イシヅカ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤島 友之 / Fujishima Tomoyuki / フジシマ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 知史 / Satoshi Sugimoto / スギモト サトシ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 昌平 / Shouhei Iwasaki / イワサキ ショウヘイ
第6著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 祐貴 / Yuki Nishikawa / ニシカワ ユウキ
第7著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-31 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-113 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2018-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会