電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-30 09:40
ニューラルネットワークと搬送波位相同期光源を用いたXPM及びFWMによる波形歪み補償
大脇翔太郎中村守里也明大OCS2017-75
抄録 (和) 我々は、光ファイバ伝送における非線形歪み補償においてニューラルネットワークを用いる方法の検討を行っている。ニューラルネットワークにより光ファイバが持つ非線形性の逆特性を学習することで、自己位相変調や相互位相変調といった非線形歪みの補償を行ってきた。今回、搬送波位相同期光源を組み合わせ、FWM補償を行う方法を検討したので報告する。 
(英) We proposed a novel equalization scheme of nonlinear distortion caused by XPM and FWM using a neural-network (NN) and phase-locked carriers in WDM systems. The EVM of 16QAM signals were improved by more than 10%.
キーワード (和) 非線形歪み補償 / XPM / FWM / ニューラルネットワーク / 搬送波位相同期光源 / / /  
(英) Nonlinear distortion compensation / XPM / FWM / Neural Network / carrier-Phase locked light source / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 423, OCS2017-75, pp. 49-52, 2018年1月.
資料番号 OCS2017-75 
発行日 2018-01-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2017-75

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2018-01-29 - 2018-01-30 
開催地(和) 愛媛大学 総合情報メディアセンター 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2018-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ニューラルネットワークと搬送波位相同期光源を用いたXPM及びFWMによる波形歪み補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) XPM and FWM compensation using a Neural Network and Carrier-Phase locked Light Source 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形歪み補償 / Nonlinear distortion compensation  
キーワード(2)(和/英) XPM / XPM  
キーワード(3)(和/英) FWM / FWM  
キーワード(4)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Network  
キーワード(5)(和/英) 搬送波位相同期光源 / carrier-Phase locked light source  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大脇 翔太郎 / Shotaro Owaki / オオワキ ショウタロウ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 守里也 / Moriya Nakamura / モリヤ ナカムラ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-30 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2017-75 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2018-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会