電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-30 13:50
マルチコアファイバを用いた56 Gbaud-PAM4伝送とC-WDMおよびLAN-WDMによる大容量化
別府翔平高橋英憲KDDI総合研究所)・権田智洋今村勝徳渡辺健吾杉崎隆一古河電工)・釣谷剛宏KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,クラウドやモバイル通信の発展に伴いデータセンター内/間のトラフィックが急速に増加しており, 現行の100GbEを超える,400GbEに関する検討(標準化含む)が精力的に進められている. 特にIEEE 802.3bsの400GBASE-DR4規格では4値振幅変調(PAM4)を4本のパラレルシングルモードファイバ(PSM4)で500 m 程度伝送することが提案されている. 一方で、空間利用効率を改善する試みとして複数のシングルモードファイバではなく1本のマルチコアファイバ(MCF)を用いた伝送実験も報告されている[1,2]. 本研究では,PSM4からマルチコアファイバへの代替えの可能性を探るべく,5コアファイバ[4]の4コアを用いた単一波長 400 Gb/s(=100 Gb/s PAM4 x 4コア)信号の2 km伝送特性について評価したので報告する.さらに,空間多重に加え,Oまたは C/Lバンドにおいて4波長多重も行うことで1.6 Tb/s伝送の可能性も評価したので報告する. 
(英) Recently, data center traffic has dramatically increased due to the continuous growth of cloud services and mobile services. To efficiently accommodate the huge data center traffic, the speed of optical interconnections must continue to increase toward beyond 100Gb/s. In IEEE 802.3bs, 400GbE standard has been actively discussed and the promising candidates for optical transmission are 100-Gb/s 4-level pulse amplitude modulation (PAM4) signals with four parallel single mode fibers (PSM4) less than 500 m (: 400GBASE-PSM4/DR4). However, introducing PSM4 couldn’t dramatically improve spatial efficiency although it is significant for data center cabling. For further increase of the system capacity and spatial efficiency simultaneously, space-division multiplexing (SDM) fiber has been investigated recently. In this work, aiming to migrate PSM4 to MCF, 56-Gbaud PAM4 signal transmission over a 2-km 125-um -cladding 5-core MCF [4] is demonstrated. We show the feasibility of single wavelength and single fiber 400-Gb/s transmission using 4 cores in 125-um cladding MCF without PSM4 unlike 400GBASE-PSM4/DR4. In addition, 1.6-Tb/s transmissions over O-band or C/L-band are also demonstrated by combining wavelength-division multiplexing (WDM) such as LAN-WDM and CWDM with the SDM.
キーワード (和) 空間分割多重 / マルチコアファイバ / データセンター / 400GbE / Ethernet / / /  
(英) Space-division multiplexing (SDM) / Multi Core Fiber (MCF) / Data Center / 400GbE / Ethernet / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 423, OCS2017-78, pp. 63-66, 2018年1月.
資料番号 OCS2017-78 
発行日 2018-01-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2018-01-29 - 2018-01-30 
開催地(和) 愛媛大学 総合情報メディアセンター 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2018-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチコアファイバを用いた56 Gbaud-PAM4伝送とC-WDMおよびLAN-WDMによる大容量化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 56-Gbaud PAM4 Transmission over 2-km 125-um-Cladding 4-Core Multicore Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間分割多重 / Space-division multiplexing (SDM)  
キーワード(2)(和/英) マルチコアファイバ / Multi Core Fiber (MCF)  
キーワード(3)(和/英) データセンター / Data Center  
キーワード(4)(和/英) 400GbE / 400GbE  
キーワード(5)(和/英) Ethernet / Ethernet  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 別府 翔平 / Shohei Beppu / ベップ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英憲 / Hidenori Takahashi / タカハシ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 権田 智洋 / Tomohiro Gonda / ゴンダ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric. (略称: Furukawa Electric.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 勝徳 / Katsunori Imamura / イマムラ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric. (略称: Furukawa Electric.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 健吾 / Kengo Watanabe / ワタナベ ケンゴ
第5著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric. (略称: Furukawa Electric.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 隆一 / Ryuichi Sugizaki / スギザキ リュウイチ
第6著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric. (略称: Furukawa Electric.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第7著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-30 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2017-78 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2018-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会