お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-30 14:50
移動ロボットを用いたサーバルーム温度監視システムの設計と実装
貞末尚慶野依佑太高崎裕斗大橋正良福岡大)・蕨野貴之KDDI総合研究所ASN2017-92
抄録 (和) 情報化社会の発展に伴い,データセンタの重要性はますます高くなっている. しかし,それに伴って,データセンタにおいて障害が起きた時の被害も大きくなっている.データセンタをはじめとした,サーバが多数存在する環境では,温度変化などの状態をたえずモニタすることが重要である.本研究では,赤外線アレイ温度カメラを載せたRoombaを自立走行させることで,サーバルームのリモート監視をおこなうシステムを構築する.また,フィールドにおける実証実験の結果を報告する. 
(英) Accompany the developments of the information society, become increasingly importance of data center. However, Increases Damage when failures occur in there. It is important for environment in plural servers to monitor the conditions such as temperature change. In this study, construct the remote monitoring system of server room by using auto running Roomba laden with temperature camera. And here we report the result of demonstration experiment in field.
キーワード (和) 温度センサ / 自立走行 / センサネットワーク / リモート監視 / / / /  
(英) Temperature Sensor / Autonomous Robot / Sensor Network / Remote Monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 426, ASN2017-92, pp. 53-58, 2018年1月.
資料番号 ASN2017-92 
発行日 2018-01-23 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-92

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2018-01-30 - 2018-01-31 
開催地(和) 三菱電機 湯布郷館 
開催地(英) Yufugo-kan (Oita) 
テーマ(和) 知的環境,センサネットワーク,技術展示,及び,一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, Sensor networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-01-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動ロボットを用いたサーバルーム温度監視システムの設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Templature Monitoring System for Server Room Using A Mobile Robot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 温度センサ / Temperature Sensor  
キーワード(2)(和/英) 自立走行 / Autonomous Robot  
キーワード(3)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(4)(和/英) リモート監視 / Remote Monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 貞末 尚慶 / Naoyoshi Sadasue / サダスエ ナオヨシ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野依 佑太 / Yuta Noyori / ノヨリ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高崎 裕斗 / Yuto Takasaki / タカサキ ユウト
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 蕨野 貴之 / Takayuki Warabino / ワラビノ タカユキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Reserch. Inc (略称: KDDI Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-30 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-92 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2018-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会