電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-29 13:15
[ポスター講演]太陽光発電システムにおける部分影による影響とその対策 ~ 粒子群最適化法を用いた最大電力追従制御 ~
永津雄一原 元気佐藤輝被西嶋仁浩大分大EE2017-58
抄録 (和) 本稿では,太陽光発電のMPPT(最大電力追従)制御における,PSO(粒子群最適化法)の有用性について検証した.検証の結果,照度変化が起こった場合現在主要の方式である山登り法と比較して出力が不安定になることが確認できた.また,本稿ではこの問題点に対応すべくPSOと山登り法を組み合わせた方式を提案している.実験の結果,本方式はPSOと比較すると照度変化に対してより早く最大電力を追従していることが確認できた. 
(英) This paper considers the usefulness of PSO (particle swarm optimization) in MPPT (maximum power point tracking) control. As a result, when the illumination change occurred the output became unstable compared with the hill climbing method which is the main method at present. In this paper, we propose a method combining PSO and hill climbing method to deal with this problem. As a result, the proposed method followed maximum power faster than PSO.
キーワード (和) 太陽光発電 / 部分影 / 粒子群最適化法 / / / / /  
(英) photovoltaic power generation system / partial shadows / particle swarm optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 424, EE2017-58, pp. 93-97, 2018年1月.
資料番号 EE2017-58 
発行日 2018-01-22 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2017-58

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2018-01-29 - 2018-01-30 
開催地(和) サテライトキャンパスおおいた (大分市) 
開催地(英) Satellite Campus Oita 
テーマ(和) 回路技術及び高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2018-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 太陽光発電システムにおける部分影による影響とその対策 
サブタイトル(和) 粒子群最適化法を用いた最大電力追従制御 
タイトル(英) Influence On Partial Shadows In Photovoltaic Power Generation System And Its Countermeasure 
サブタイトル(英) Maximum Power Point Tracking Control Using Particle Swarm Optimization 
キーワード(1)(和/英) 太陽光発電 / photovoltaic power generation system  
キーワード(2)(和/英) 部分影 / partial shadows  
キーワード(3)(和/英) 粒子群最適化法 / particle swarm optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永津 雄一 / Yuichi Nagatsu / ナガツ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 元気 / Genki Hara / ハラ ゲンキ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 輝被 / Terukazu Sato / サトウ テルカズ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西嶋 仁浩 / Kimihiro Nishizima / ニシジマ キミヒロ
第4著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-29 13:15:00 
発表時間 80 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2017-58 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.93-97 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2018-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会