お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 15:40
暗黙知学習支援教材の選択肢提案 ~ 体育実技の学習支援教材 ~
神谷勇毅髙井和男鈴鹿大短大部ET2017-87
抄録 (和) Moodleなどに代表されるLMS(Learning Management System)は、多くの高等教育機関で運用が見られる。それらは、時間外学習機会の確保、授業の予習復習、自己研鑽、あるいは資格試験合格に向けた学習支援などにおいて力を発揮している。LMSの教材が充実してきた現在において、体育実技など暗黙知とされる知識、技能の学習支援教材の多くが動画視聴に頼る傾向にあると考える。学生らもダンスなど体育実技の自己学習は動画視聴を通して学習する事を当たり前のように行う。自己学習においては、指導者不在であるため、どれほど正確な技能が身に付くかという点で学習効果に疑問が残る。筆者らは、暗黙知の学習支援教材として、動画に頼る現状に一石を投じる。 
(英) LMS (Learning Management System) represented by Moodle and others are operated by many higher education institutions. They are exerting their power in securing an overtime learning opportunity, reviewing the lesson preliminary, studying oneself, or supporting learning for passing a qualification. At the present time that LMS teaching contents have been enriched, it is thought that many of learning support contents of knowledge and skills, which are regarded as tacit knowledge such as physical training, tend to rely on video viewing. The students also learn self-study of sports practice such as dance and learn through movie watching. In self-study, since there is no teachers, the question of learning effect remains in terms of how accurate skill is acquired. As a learning support contents of tacit knowledge, the authors stir up on the current situation relying on moving images.
キーワード (和) LMS / 時間外学習 / 学習支援 / 体育実技 / 暗黙知 / 教材 / /  
(英) LMS / Time outside learning / Learning support / Physical training / Tacit knowledge / Teaching contents / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 421, ET2017-87, pp. 41-44, 2018年1月.
資料番号 ET2017-87 
発行日 2018-01-20 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2017-87

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2018-01-27 - 2018-01-27 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe Univ. 
テーマ(和) 身体知・スキル教育/一般(情報補償が実施されます) 
テーマ(英) Embodies Knowledge & Skill Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2018-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 暗黙知学習支援教材の選択肢提案 
サブタイトル(和) 体育実技の学習支援教材 
タイトル(英) Option Proposal for LMS Contents of Tacit Knowledge 
サブタイトル(英) Learning Management System Contents for Physical Training 
キーワード(1)(和/英) LMS / LMS  
キーワード(2)(和/英) 時間外学習 / Time outside learning  
キーワード(3)(和/英) 学習支援 / Learning support  
キーワード(4)(和/英) 体育実技 / Physical training  
キーワード(5)(和/英) 暗黙知 / Tacit knowledge  
キーワード(6)(和/英) 教材 / Teaching contents  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 勇毅 / Yuki Kamiya / カミヤ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 鈴鹿大学短期大学部 (略称: 鈴鹿大短大部)
Suzuka Junior College (略称: Suzuka Junior College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙井 和男 / Kazuo Takai / タカイ カズオ
第2著者 所属(和/英) 鈴鹿大学短期大学部 (略称: 鈴鹿大短大部)
Suzuka Junior College (略称: Suzuka Junior College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.421 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2018-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会