お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 10:00
Rubrene/PTCDI-C13積層構造を持つマルチファンクションダイオードの特性改善
山田雅弘森本勝大中 茂樹岡田裕之富山大EID2017-42 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2017-42
抄録 (和) 有機材料のストークスシフトや異なる発光・吸収波長帯を利用して、発光とセンシングの両機能を持つ複合デバイスができる。これまで、p型有機半導体rubreneと、n型ペリレン誘導体PTCDI-C13を持つデバイスのrubrene膜厚依存性を調べた。今回、PTCDI-C13の膜厚最適化と材料探索による特性改善を試みた。 
(英) Using the Stokes shift and the different combination of emission and absorption system in a certain organic materials, the new functional devices with light-emitting and photo-sensing abilities are have realized. In the previous study, we had investigated the devices varied with the rubrene thickness of p-type rubrene/ n-type perylene derivatives. In this study, we had optimized the thickness of perylene derivative and explored material system for improving the device characteristics.
キーワード (和) 有機EL / 有機太陽電池 / 有機フォトダイオード / マルチファンクションダイオード / / / /  
(英) organic electroluminescence / organic solar cell / organic photodiode / multi-function diode / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 411, EID2017-42, pp. 69-72, 2018年1月.
資料番号 EID2017-42 
発行日 2018-01-18 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2017-42 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2017-42

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英) Shizuoka Univ., Hamamatsu 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2018-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Rubrene/PTCDI-C13積層構造を持つマルチファンクションダイオードの特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Organic Multi-function Diodes Based on Rubrene/PTCDI-C13 Stack 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機EL / organic electroluminescence  
キーワード(2)(和/英) 有機太陽電池 / organic solar cell  
キーワード(3)(和/英) 有機フォトダイオード / organic photodiode  
キーワード(4)(和/英) マルチファンクションダイオード / multi-function diode  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 雅弘 / Masahiro Yamada / ヤマダ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 勝大 / Masahiro Morimoto / モリモト マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中 茂樹 / Shigeki Naka / ナカ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 裕之 / Hiroyuki Okada / オカダ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 10:00:00 
発表時間 10 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2017-42 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会