お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 11:35
距離和とドップラー和観測値を用いたテイラー級数推定法による目標の位置及び速度推定における初期値更新処理の評価
佐々木裕央角田智広秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2017-100
抄録 (和) マルチスタティックレーダでは,送信アンテナと目標間の距離と,受信アンテナと目標間の距離の和が観測可能である.同様に,ドップラーの和も観測できる.この距離和とドップラー和より,TOA方式などでも使われるテイラー級数推定法を用いて,三次元の目標位置及び速度が推定できる.テイラー級数推定法では,推定のための初期値(目標位置,速度)を仮に与えて推定し,その結果を初期値に再設定し,推定を繰り返す収束計算を行う.本稿では,交差点での車両監視を想定した受信アンテナ4個の場合に,収束に要する回数をシミュレーションにより評価した.この結果,初期値が真値と大きく異ならなければ,位置も速度も数回で収束することが判明した.また,初期値が真値と異なっても,距離和単独よりもドップラー和併用の方が,位置推定性能がよいことがわかった. 
(英) In the multi-static radar, the sum of the distance between the transmitting antenna and the target and the distance between the receiving antenna and the target can be observed. Similarly, the Doppler Sum can also be observed. From these range sum and Doppler sum, the three-dimensional target position and velocity can be estimated by using the Taylor series estimation method that is also used in the TOA method and the like. In the Taylor series estimation method, an initial value (target position, speed) for estimation is provisionally set, and target position and velocity are estimated. Then, the estimation result is used to renew the initial value. This process is iterated until the convergence value is obtained. In this paper, the number of times required for convergence is evaluated by simulation in the case of 4 receiving antennas assuming vehicle surveillance at the intersection. As a result, it was found that if the initial value does not differ greatly from the true value, the position and velocity converge in several times. In addition, even if the initial value is different from the true value, the position estimation performance is better when using additional Doppler sum rather than only range rum.
キーワード (和) TSOA / TOA / マルチスタティックレーダ / 距離和 / ドップラー和 / テイラー級数推定法 / /  
(英) TSOA / TOA / Multi-Static Rader / Range Sum / Doppler Sum / Taylor Series Estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 403, SANE2017-100, pp. 83-88, 2018年1月.
資料番号 SANE2017-100 
発行日 2018-01-18 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2017-100

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 距離和とドップラー和観測値を用いたテイラー級数推定法による目標の位置及び速度推定における初期値更新処理の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Updating the Initial Value for Location and Velocity Estimation by Taylor Series Estimation Method with Range Sum and Doppler Sum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TSOA / TSOA  
キーワード(2)(和/英) TOA / TOA  
キーワード(3)(和/英) マルチスタティックレーダ / Multi-Static Rader  
キーワード(4)(和/英) 距離和 / Range Sum  
キーワード(5)(和/英) ドップラー和 / Doppler Sum  
キーワード(6)(和/英) テイラー級数推定法 / Taylor Series Estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 裕央 / Hiroyuki Sasaki / ササキ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 智広 / Tomohiro Kakuta / カクタ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 学 / Manabu Akita / アキタ マナブ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小菅 義夫 / Yoshio Kosuge / コスゲ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 敬之 / Takayuki Inaba / イナバ タカユキ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2017-100 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.403 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会