電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 10:20
電磁波散乱問題へのCIP法の適用 ~ 媒質境界の取扱いに関する一考察 ~
谷口宣明日大)・山口隆志都立産技研センター)・大貫進一郎日大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) CIP法は,電磁界解析において計算精度の高い手法として期待されている.しかし電磁波の伝搬速度が変わる媒質境界において,そのアルゴリズムは界を正しく表現できない場合がある.本報告では,CIP法による電磁界解析において界が不安定となる問題点及びその原因について言及し,媒質境界の取扱いについて検討する. 
(英) The CIP method is expected as a method with high precision accuracy in electromagnetic field analysis. However, the solution becomes unreliable for some cases, such as treating medium boundaries where the propagation speed of the electromagnetic wave changes. In this report, we discuss the unstable problem of electromagnetic field analysis by the CIP method and investigate the way to treat medium boundaries.
キーワード (和) CIP法 / 電磁界解析 / 時間領域解析 / 移流方程式 / 境界条件 / / /  
(英) CIP Method / Electromagnetic Field Analysis / Advection Equation / Boundary Condition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 405, EMT2017-126, pp. 299-302, 2018年1月.
資料番号 EMT2017-126 
発行日 2018-01-18 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMT EST LQE MWP OPE PEM PN IEE-EMT 
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 姫路西はりま地場産業センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2018-01-EMT-EST-LQE-MWP-OPE-PEM-PN-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁波散乱問題へのCIP法の適用 
サブタイトル(和) 媒質境界の取扱いに関する一考察 
タイトル(英) Application of CIP Method to Electromagnetic Scattering Problems 
サブタイトル(英) A Basic Study on Manipulation of Medium Boundaries 
キーワード(1)(和/英) CIP法 / CIP Method  
キーワード(2)(和/英) 電磁界解析 / Electromagnetic Field Analysis  
キーワード(3)(和/英) 時間領域解析 / Advection Equation  
キーワード(4)(和/英) 移流方程式 / Boundary Condition  
キーワード(5)(和/英) 境界条件 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 宣明 / Nobuaki Taniguchi / タニグチ ノブアキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 隆志 / Takashi Yamaguchi / ヤマグチ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京都立産業技術研究センター (略称: 都立産技研センター)
Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute (略称: TIRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大貫 進一郎 / Shinichiro Ohnuki / オオヌキ シンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2017-89,IEICE-EMT2017-126,IEICE-OPE2017-167,IEICE-LQE2017-149,IEICE-EST2017-125,IEICE-MWP2017-102 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.404(PN), no.405(EMT), no.406(OPE), no.407(LQE), no.408(EST), no.409(MWP) 
ページ範囲 pp.299-302 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2018-01-18,IEICE-EMT-2018-01-18,IEICE-OPE-2018-01-18,IEICE-LQE-2018-01-18,IEICE-EST-2018-01-18,IEICE-MWP-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会