お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 09:30
直列インダクタを装荷した高RF入力感度ダイオード整流器
田中克幸田中愼一芝浦工大ED2017-97 MW2017-166 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2017-97 MW2017-166
抄録 (和) 整流器のダイオードに直列インダクタを装荷するとRF入力感度が飛躍的に向上することが見出され、その動作解析とそれに基づく最適設計を行った。この整流器ではインダクタとダイオード容量が直列共振すると、急変するダイオード電流が誘導する起電力により微弱入力信号でもダイオードがON状態になる。このとき誘導起電力と電流の逆相動作のため、整流器はダイオードのON/OFF状態に関わりなく無反射に近くなる。これは、インダクタ装荷前は一定レベル以下のRF入力信号ではダイオードがON状態にならず、従って整流動作も反射抑制機構も働かないのとは対照的である。また、この動作機構がより有効に働くにはダイオードのパッケージ寄生容量(Cp)が鍵を握ることも示され、Cpの効果を考慮して設計を最適化した回路にて21 dBのRF入力感度向上を確認した。 
(英) A new method of improving RF input sensitivity of single shunt diode rectifier by connecting a series inductor to the diode was studied. As a result of the increased time variation rate of the current due to the resonance between the inductor and the diode capacitance, a large electromotive force (emf) is produced driving the diode to the ON-state. Moreover, because of the anti-phase behavior of the emf and the current, the reflection is significantly suppressed regardless of the diode state. This is in contrast with the conventional rectifier, in which the diode will never be turned on, and thus neither rectification nor reflection suppressing mechanism start up, unless sufficient RF input signal is fed to the rectifier. Detailed analysis has shown that the package parasitic capacitance (Cp) of the diode is the key to leverage the full potential of the proposed rectifying mechanism. The fabricated rectifier designed considering the Cp effect demonstrated 21-dB improvement of RF input sensitivity.
キーワード (和) マイクロ波整流器 / ダイオード / RF-DC変換効率 / インダクタ / 共振 / / /  
(英) Microwave rectifier / Diode / RF-DC Conversion Efficiency / Inductor / Resonance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 413, MW2017-166, pp. 19-24, 2018年1月.
資料番号 MW2017-166 
発行日 2018-01-18 (ED, MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2017-97 MW2017-166 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2017-97 MW2017-166

研究会情報
研究会 ED MW  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 機械振興会館地下3階研修2号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 化合物半導体ICおよび超高速・超高周波デバイス/マイクロ波一般 
テーマ(英) Compound semiconductor, High speed and High frequency devices/Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-01-ED-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直列インダクタを装荷した高RF入力感度ダイオード整流器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High RF-Input-Sensitivity Diode Rectifier with Series Inductor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波整流器 / Microwave rectifier  
キーワード(2)(和/英) ダイオード / Diode  
キーワード(3)(和/英) RF-DC変換効率 / RF-DC Conversion Efficiency  
キーワード(4)(和/英) インダクタ / Inductor  
キーワード(5)(和/英) 共振 / Resonance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 克幸 / Katsuyuki Tanaka / タナカ カツユキ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 愼一 / Shinichi Tanaka / タナカ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-ED2017-97,IEICE-MW2017-166 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.412(ED), no.413(MW) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2018-01-18,IEICE-MW-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会