お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 14:10
情報フローティングに関する基礎検討
中野敬介宮北和之新潟大CAS2017-129 ICTSSL2017-56
抄録 (和) 情報フローティングとは,移動体同士の直接無線通信と移動体の移動により情報を運ぶエピデミック通信において,送信を行える場所を送信可能エリアに制限することで,無秩序な情報拡散を防ぎながら情報を目的の領域に届けることを可能にする手法である.情報フローティングにより情報伝達を行う際に,情報伝達性能を高めるためには送信可能エリアを大きくすることが考えられる.これは情報フローティングがもつ情報を空間に蓄積する機能を利用したものであるが,新たな手法として情報フローティングがもつ情報の流れる方向を変える機能を利用したものを考え,これにより伝達性能の向上を実現できることを示す.また,この手法により情報の無駄な拡散を抑えることができることを説明する. 
(英) Information floating is a method that enables mobile nodes to deliver information to destination areas by wireless direct communication between mobile nodes and movement of mobile nodes preventing disordered spread of information by permitting mobile nodes to transmit information only in designated transmittable areas. In information floating, enlarging transmittable areas is a method to improve performance of information delivery. While this method utilizes a function of information floating that spatially accumulates information, we consider a new method utilizing another function of information floating to change direction of flow of information and show that the new method improves performance of information delivery. We also explains that the new method suppresses meaningless spreading of information.
キーワード (和) 情報フローティング / 情報蓄積機能 / 方向制御機能 / エピデミック通信 / / / /  
(英) information floating / accumulation of information / change of direction of information / epidemic communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 401, ICTSSL2017-56, pp. 99-102, 2018年1月.
資料番号 ICTSSL2017-56 
発行日 2018-01-18 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2017-129 ICTSSL2017-56

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英) Student Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2018-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報フローティングに関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A basic study of information floating 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報フローティング / information floating  
キーワード(2)(和/英) 情報蓄積機能 / accumulation of information  
キーワード(3)(和/英) 方向制御機能 / change of direction of information  
キーワード(4)(和/英) エピデミック通信 / epidemic communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮北 和之 / Kazuyuki Miyakita / ミヤキタ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-CAS2017-129,IEICE-ICTSSL2017-56 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.400(CAS), no.401(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2018-01-18,IEICE-ICTSSL-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会