お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-25 17:00
異なるチャープ率を用いるFMCWレーダの同一チャネル間干渉
牧野祐也野澤拓也梅比良正弘王 瀟岩武田茂樹茨城大)・黒田浩司日立オートモティブシステムズSANE2017-96
抄録 (和) 近年、高度運転支援システムや自動運転技術の研究開発が活発に進められている。ミリ波FMCW(Frequency Modulated Continuous Wave)レーダはターゲットとの距離と相対速度を同時に検出でき、カメラやLiDAR(Laser Imaging Detection and Ranging)などの他のセンサに比べ、雨天などの環境でも良好な環境認識性能を持つという特徴を有する。将来、ミリ波FMCWレーダを搭載した自動車の数が膨大になると、レーダ間干渉によるターゲットの不検出や誤検出が問題になると考えられる。現在、ミリ波FMCWレーダの標準規格はなく、チャープ率やチャープ周期の異なる仕様のFMCWレーダが混在して使用されるため、その干渉の影響を評価する必要がある。本文では、異なるチャープ率を用いるFMCWレーダ間の同一チャネル間干渉について、解析と計算機シミュレーションにより評価を行い、チャープ率と相互干渉の関係を明らかにする。また、この結果を元にFMCWレーダの周波数共用について考察する。 
(英) Research and development of ADAS (Advanced Driver Assistance Systems) and automatic driving technologies have been conducted all over the world. Millimeter-wave FMCW(Frequency Modulated Continuous Wave) radar can simultaneously detect the distance and the relative moving speed of the target, and has better detection performance in dark or harsh glare environments, and rainy or foggy weather compared with other sensors such as camera and LiDAR (Laser Imaging Detection and Ranging). However, as automotive radars are expected to be equipped in a huge number of cars in near future, inter-radar interference will be a significant problem since inter-radar interference can cause miss-detection and/or false detection of the target. As millimeter-wave automotive radar is not standardized at this moment, FMCW radars with various chirp-rates and chirp durations will be used. Therefore, it is necessary to evaluate co-channel interference among FMCW radars using various design parameters such as chirp rate. This report describes analysis and simulation results of co-channel interference among FMCW radars using different chirp rates and it reveals the relationship between chirp rate and SNR degradation caused by inter-radar interference. Furthermore, this report describes frequency sharing issues of FMCW radars.
キーワード (和) FMCWレーダ / チャープ率 / レーダ間干渉 / / / / /  
(英) FMCW radar / chirp rate / inter-radar interference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 403, SANE2017-96, pp. 59-64, 2018年1月.
資料番号 SANE2017-96 
発行日 2018-01-18 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2017-96

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なるチャープ率を用いるFMCWレーダの同一チャネル間干渉 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Co-channel Interference among FMCW Radars Using Various Chirp Rates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FMCWレーダ / FMCW radar  
キーワード(2)(和/英) チャープ率 / chirp rate  
キーワード(3)(和/英) レーダ間干渉 / inter-radar interference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 祐也 / Yuya Makino / マキノ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野澤 拓也 / Takuya Nozawa / ノザワ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 瀟岩 / Xiaoyan Wang / オウ ショウガン
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂樹 / Shigeki Takeda / タケダ シゲキ
第5著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 浩司 / Hiroshi Kuroda /
第6著者 所属(和/英) 日立オートモティブシステムズ株式会社 (略称: 日立オートモティブシステムズ)
Hitachi Automotive Systems, Ltd. (略称: HiAMS Ltd.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-25 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2017-96 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.403 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会