お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-25 14:50
自由視点防犯カメラへの応用を前提とした射影変換における再帰的近似手法
田所勇生岡山県立大)・近藤真史川崎医療福祉大)・瀬島吉裕佐藤洋一郎岡山県立大CAS2017-118 ICTSSL2017-45
抄録 (和) 現在,防犯カメラのグローバル市場は2010年に比して約8割増の2845万台に拡大すると試算されている.特に,複数のカメラ画像を俯瞰画像に合成して死角を軽減するシステムも提案されているが,この種のシステムは投影面が固定であるため対象物の監視は一方向の視点に限定され,対象物の詳細な情報を得ることが困難である.そこで筆者らは,多眼カメラを用いた自由視点動画像の高速合成手法について検討を行っている.本稿ではその第一段階として,画像合成における射影変換のハードウェア化を前提に,関数近似を再帰的に繰り返すことによる変換係数の削減手法を提案する.まず,射影変換式に含まれる除算を一次関数近似し,さらにこれを漸化式表現することで加算のみに帰着する.次に,画像の水平方向における近似式の係数を垂直方向の関数と見立てて更に近似・漸化式表現を施し,さらにこれら漸化式の初期値を新たな座標平面とみなして近似・漸化式表現を再帰的に繰り返す.そして,これに基づいた射影変換手法をソフトウェアで実装し,その画質評価を行った結果,必要な初期値の数を60%削減しつつも良質な画像変形が実現できることを確認した. 
(英) Recently, the global market of security cameras is estimated 28,450,000, which is 80% more than 2010. In order to reduce the blind spot, a bird's-eye image compositing system using multiple camera images has been proposed. In this system, since the projection plane is fixed, monitoring of objects is limited to a one-way viewpoint and it is difficult to obtain detailed information about the object. To solve the above problems, we are considering the high-speed composition method of free-viewpoint moving image based on the multi-lens camera. In this paper, we propose the reduction method of the conversion coefficient by repeating function approximation recursively on the assumption that hardware implementation of the projection transformation in image composition. First, the division included in the projective transformation expression is approximated by a linear function, and the function is reduced to only addition by expressing with a recurrence formula. Next, coefficients of the approximate expression in the horizontal direction of the image are regarded as functions in the vertical direction, and the function approximation and recurrence formula expression are applied. In addition, by mapping the initial values of this recurrence formula to a new coordinate plane, it can similarly be expressed as recurrence formulas. According to the implementation results using these methods, we reduced the number of initial values by 60% and realized high-quality image composition.
キーワード (和) 防犯カメラ / 射影変換 / 漸化式 / 関数近似 / 区間分割 / / /  
(英) security camera / projective transformation / recurrence formula / function approximation / section dividing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 401, ICTSSL2017-45, pp. 45-50, 2018年1月.
資料番号 ICTSSL2017-45 
発行日 2018-01-18 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2017-118 ICTSSL2017-45

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英) Student Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2018-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自由視点防犯カメラへの応用を前提とした射影変換における再帰的近似手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Recursive Approximation Approach of Projective Transformation for Free-Viewpoint cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 防犯カメラ / security camera  
キーワード(2)(和/英) 射影変換 / projective transformation  
キーワード(3)(和/英) 漸化式 / recurrence formula  
キーワード(4)(和/英) 関数近似 / function approximation  
キーワード(5)(和/英) 区間分割 / section dividing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田所 勇生 / Yusei Tadokoro / タドコロ ユウセイ
第1著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 真史 / Masafumi Kondo / コンドウ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医療福祉大)
Kawasaki University of Medical Welfare (略称: Kawasaki Univ. of Medical Welfare)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬島 吉裕 / Yoshihiro Sejima / セジマ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 洋一郎 / Yoichiro Sato / サトウ ヨウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-25 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-CAS2017-118,IEICE-ICTSSL2017-45 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.400(CAS), no.401(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2018-01-18,IEICE-ICTSSL-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会