電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-24 13:15
水中のマイクロバブルが超音波による浮遊砂の濃度と粒度分布の測定に与える影響
古川仁志電源開発)・猪股重光北斗理研)・田井秀一小林 力日大US2017-106
抄録 (和) 近年,超音波減衰スペクトル計による河川の浮遊砂濃度と粒度分布の測定方法が注目されてきている.マイクロバブルが水中に含まれると超音波はバブルによって大きく減衰するので,一般に室内の測定では,懸濁液試料を脱気した水を用いて作成している.しかし,河川や海域での測定では水中にマイクロバブルが含まれるため,マイクロバブルによる減衰を評価した上で,浮遊砂の濃度と粒度分布を測定する必要がある.
本論文では,山地河川において出水時に超音波減衰スペクトル計を用いて浮遊砂濃度と粒度分布を測定し,マイクロバブルによる減衰が測定値に与える影響を検証した. 
(英) Recently attention has been drawn to methods for measuring the suspended sediment concentration and the particle size distribution in rivers using an ultrasonic attenuation spectrometer. Generally degassed water is used in the measurements in laboratory experiments because ultrasonic wave attenuation in bubbly water is large. However, since river water contains microbubbles, we must measure suspended sediment concentration and particle size distribution after evaluating the attenuation of ultrasonic waves by microbubbles.In this study we measured the suspended sediment concentration and particle size distribution during flood using the ultrasonic attenuation spectrometer and verified the effect of microbubbles attenuation on measurements.
キーワード (和) 超音波減衰スペクトル計 / 浮遊砂濃度 / 粒度分布 / マイクロバブル / 現地計測 / / /  
(英) Ultrasonic attenuation spectrometer / Suspended sediment concentration / Particle size distribution / Microbubbles / Field measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 398, US2017-106, pp. 129-134, 2018年1月.
資料番号 US2017-106 
発行日 2018-01-16 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-106

研究会情報
研究会 US EA  
開催期間 2018-01-23 - 2018-01-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> 応用/電気音響、超音波、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-01-US-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中のマイクロバブルが超音波による浮遊砂の濃度と粒度分布の測定に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of microbubbles on measurements of concentration and particle size distribution of suspended sediment using ultrasonic wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波減衰スペクトル計 / Ultrasonic attenuation spectrometer  
キーワード(2)(和/英) 浮遊砂濃度 / Suspended sediment concentration  
キーワード(3)(和/英) 粒度分布 / Particle size distribution  
キーワード(4)(和/英) マイクロバブル / Microbubbles  
キーワード(5)(和/英) 現地計測 / Field measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 仁志 / Hitoshi Furukawa / フルカワ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 電源開発株式会社 (略称: 電源開発)
Electric Power Development Co. Ltd. (略称: J.Power)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪股 重光 / Shigemitsu Inomata / イノマタ シゲミツ
第2著者 所属(和/英) 北斗理研株式会社 (略称: 北斗理研)
Hokuto-riken Co. Ltd. (略称: Hotuko-riken)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田井 秀一 / Hidekazu Tai /
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 力 / Tsutomu Kobayashi / コバヤシ ツトム
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-24 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-106 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2018-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会