電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-24 14:05
超音波振動を用いた接着細胞のパターニング技術
谷 健太朗藤原滉二小山大介同志社大US2017-108
抄録 (和) 分子生物学の分野において,細胞の増殖・進展方向の制御や分化誘導技術について種々検討されており,代表的な手法として化学素材や磁気ビーズを用いた方法が挙げられる.しかしながら,これらの手法においては細胞毒性やコンタミネーションの可能性が懸念される.一方で細胞への影響を避ける非接触手法として,光レーザを用いた方法が報告されているが,装置が大型化し汎用性に欠ける傾向がある.著者らのグループでは,超音波を利用した細胞培養環境の制御技術について検討している.本報告では特に,超音波振動を用いた接着細胞の接着範囲や増殖方向の制御について検討した.実験結果として,細胞培養ディッシュ底面に励振した超音波たわみ振動によって,HeLa細胞の接着範囲及び増殖方向を制御できる可能性が示唆された.細胞の接着範囲はディッシュ底面の振動分布よりも,培養液中に発生する音場に強く依存することがわかった. 
(英) In the molecular biological field, techniques to control growth direction and differentiation induction of cells using chemical materials or magnetic beads have been reported. However, risks for cytotoxicity and contamination exist in these techniques. Although the techniques using a laser beam are proposed to solve these problems, the device tends to be bulky. The authors have been investigating the technique to control cell culture using ultrasound. In this report, we examined a patterning technique of adherent cells using ultrasound vibration of the culture dish. HeLa cells could be trapped on the dish by the ultrasound flexural vibration, and the adhering position and the growth direction could be controlled. The adhering positions of the cell were determined by the sound pressure field in the culture medium rather than the vibration distribution of the dish.
キーワード (和) 細胞培養 / 超音波たわみ振動 / 接着細胞 / HeLa細胞 / / / /  
(英) Cell culture / ultrasonic flexural vibration / adhesive cell / HeLa cell / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 398, US2017-108, pp. 141-144, 2018年1月.
資料番号 US2017-108 
発行日 2018-01-16 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-108

研究会情報
研究会 US EA  
開催期間 2018-01-23 - 2018-01-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> 応用/電気音響、超音波、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-01-US-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波振動を用いた接着細胞のパターニング技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Patterning technique of adhesive cells using ultrasound vibration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 細胞培養 / Cell culture  
キーワード(2)(和/英) 超音波たわみ振動 / ultrasonic flexural vibration  
キーワード(3)(和/英) 接着細胞 / adhesive cell  
キーワード(4)(和/英) HeLa細胞 / HeLa cell  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 健太朗 / Kentaro Tani / タニ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 滉二 / Koji Fujiwara / フジワラ コウジ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 大介 / Daisuke Koyama / コヤマ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-24 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-108 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.141-144 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2018-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会