電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-23 13:00
[ポスター講演]超音波による液晶レンズの焦点制御
清水裕貴小山大介福井鞠奈江本顕雄同志社大)・中村健太郎東工大)・松川真美同志社大US2017-85
抄録 (和) Nematic液晶は現在ディスプレイなどの光学デバイスとして広く応用されている.本報告では,超音波振動を用いたnematic液晶の分子配向制御手法を提案し,その技術を利用して可変焦点機能を持つ液晶レンズを作成した.提案する液晶レンズは,径の異なる2枚の円形ガラス基板間に厚さ50 umの液晶層を有し,径の大きいガラス基板上にアニュラ型超音波振動子を接着した構造を持つ.分子配向制御のために液晶層へ外部電界を加える必要がないため,一般的な液晶デバイスに必要な透明電極が不要である.振動子に電気信号を入力すると,基板上にたわみ振動モードが励振され,液晶層に音響放射力が作用し,液晶分子の配向が変化する.試作したレンズでは,超音波駆動時における液晶分子の配向制御に伴う実効的な屈折率変化を利用して可変焦点機能を得た.クロスニコル配置下で超音波駆動時におけるレンズの透過光強度分布を測定した結果,たわみ振動の腹の位置を中心として液晶の分子配向が変化することがわかった.これらの実験結果より,超音波を用いて液晶分子の配向を制御することで,可変焦点液晶レンズを作成できることがわかった. 
(英) Nematic liquid crystals are widely used in optical devices such as liquid crystal displays. In this report, we propose a novel technique to control the orientation of nematic liquid crystals using ultrasound, and the variable-focus liquid crystal lens was developed by applying this technique. The ultrasonic liquid crystal lens was fabricated; a liquid crystal layer with the thickness of 50 um was sandwiched between two circular glass plates having an annular PZT transducer. By exciting the transducer, the flexural vibration modes were generated on the liquid crystal cell. The acoustic radiation force to the liquid crystal layer was generated, and the molecular orientation changed, resulting the drastic changes of the light transmission. The change of refractive index in the lens gives the variable-focus function. The distribution of the molecular orientation in the liquid crystal was predicted from the transmitted light intensities under the Crossed-Nicol condition, and the molecular orientation flowed out from the anti-nodal positions of the resonance flexural vibration of the glass plate. The focal point could be controlled by the applied voltage amplitude and the lens functioned as a variable-focus lens.
キーワード (和) Nematic液晶 / 分子配向制御 / 音響放射力 / 液晶レンズ / / / /  
(英) Nematic liquid crystal / control of molecular orientation / acoustic radiation force / liquid crystal lens / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 398, US2017-85, pp. 17-21, 2018年1月.
資料番号 US2017-85 
発行日 2018-01-16 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-85

研究会情報
研究会 US EA  
開催期間 2018-01-23 - 2018-01-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> 応用/電気音響、超音波、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-01-US-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波による液晶レンズの焦点制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Focus control of a liquid crystal lens using ultrasound 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Nematic液晶 / Nematic liquid crystal  
キーワード(2)(和/英) 分子配向制御 / control of molecular orientation  
キーワード(3)(和/英) 音響放射力 / acoustic radiation force  
キーワード(4)(和/英) 液晶レンズ / liquid crystal lens  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 裕貴 / Yuki Shimizu / シミズ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 大介 / Daisuke Koyama / コヤマ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 鞠奈 / Marina Fukui / フクイ マリナ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江本 顕雄 / Akira Emoto / エモト アキラ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第6著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-23 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-85 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2018-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会