電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-23 15:10
NOMAとOMAを同時に活用した無線リソース割り当て法に関する検討
末永大明菅沼碩文蛭間信博天堤拓郎前原文明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2020年以降の実現を目指す第5世代移動通信システム(5G)では,飛躍的な大容量化が求められており,その一アプローチとして逐次干渉キャンセラ(SIC)を用いた非直交多元接続(NOMA)の適用が有望視されている.ところが,NOMAでは,ユーザ間のチャネル利得の差に基づきユーザ多重を行うことから,その差が小さい場合に,NOMAの適用効果が低下する問題がある.本稿では,NOMAのシステム容量のさらなる向上を目的として,NOMAのみでユーザ多重を行うのではなく,OMAならびにNOMAとOMAの両方を組み合わせたリソースパターンを新たに設定し,各ユーザのチャネル状態に応じてシステム容量が最も良好となるリソースパターンを選択する方式を提案する.また,提案方式の有効性を確認すべく,提案方式の有効性をNOMA単独,OMA単独,NOMAとOMAを同時利用する場合を比較対象にとって,システム容量特性の観点から計算機シミュレーションにより検証する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) NOMA / OMA / リソース割り当て / 瞬時通信路容量 / システム容量 / / /  
(英) NOMA / OMA / resource allocation / instantaneous channel capacity / system capacity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 396, RCS2017-313, pp. 257-260, 2018年1月.
資料番号 RCS2017-313 
発行日 2018-01-15 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2018-01-22 - 2018-01-23 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NOMAとOMAを同時に活用した無線リソース割り当て法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on radio resource allocation scheme employing simultaneously NOMA and OMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NOMA / NOMA  
キーワード(2)(和/英) OMA / OMA  
キーワード(3)(和/英) リソース割り当て / resource allocation  
キーワード(4)(和/英) 瞬時通信路容量 / instantaneous channel capacity  
キーワード(5)(和/英) システム容量 / system capacity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 末永 大明 / Hiroaki Suenaga / スエナガ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 碩文 / Hirofumi Suganuma / スガヌマ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 蛭間 信博 / Nobuhiro Hiruma / ヒルマ ノブヒロ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 天堤 拓郎 / Takuro Amatsutsumi / アマツツミ タクロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-23 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2017-99,IEICE-SIP2017-107,IEICE-RCS2017-313 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.257-260 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2018-01-15,IEICE-SIP-2018-01-15,IEICE-RCS-2018-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会