電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-23 13:00
[ポスター講演]超音波散乱測定による海綿骨の異方性評価
中西翔子村島 和澤田紘一松川真美同志社大US2017-87
抄録 (和) 海綿骨の構造評価の一つに超音波散乱を用いた方法がある.海綿骨に照射された音波は海綿骨の複雑な骨梁構造で散乱し,散乱波は各方向に伝搬するが,主に入射音波方向(前方散乱)とその反対方向(後方散乱)が観測される.この二つの散乱波は海綿骨の骨梁構造(異方性)や骨体積比(骨密度)を反映するため,観測することで骨の状態を知ることができる.そこで,本研究では海綿骨を伝搬する前方散乱と後方散乱について実験的に検討した.その結果,前方散乱と後方散乱のApparent Integrated Backscatter(AIB)が相補的な関係をわずかに示し,後方散乱のIntegrated Reflection Coefficient(IRC)は海綿骨の異方性の特徴を示した.しかし,前方散乱や後方散乱で海綿骨の異方性を評価するには,音波の入射方向,散乱の減衰などを十分に検討する必要がある. 
(英) One method of structural evaluation of cancellous bone is ultrasonic scattering. Ultrasound irradiated on cancellous bone are scattered by complex trabecular structure of cancellous bone, and most of scattered waves are measured in the incident sound wave direction (forward scattering) and the opposite direction (backward scattering). We can estimate the trabecular structure (trabecular anisotropic structure) and bone volume ratio (bone mineral density) of cancellous bone from the characteristics of scattered waves. In this study, forward scattering propagating in cancellous bone and back scattering were experimentally examined. As a result, AIB of forward scattering and back scatter slightly showed complementary relationship, IRC of back scatter showed anisotropic characteristics of cancellous bone. However, in order to evaluate the anisotropy of cancellous bone with forward scattering and back scattering, it is necessary to thoroughly examine the incident direction of sound waves and attenuation of scattering.
キーワード (和) 海綿骨 / 超音波 / 散乱 / 骨梁配向 / / / /  
(英) cancellous bone / ultrasound / scattering / trabecular orientation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 398, US2017-87, pp. 29-34, 2018年1月.
資料番号 US2017-87 
発行日 2018-01-16 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-87

研究会情報
研究会 US EA  
開催期間 2018-01-23 - 2018-01-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> 応用/電気音響、超音波、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-01-US-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波散乱測定による海綿骨の異方性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of trabecular anisotropic structure in cancellous bone by ultrasonic scatter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海綿骨 / cancellous bone  
キーワード(2)(和/英) 超音波 / ultrasound  
キーワード(3)(和/英) 散乱 / scattering  
キーワード(4)(和/英) 骨梁配向 / trabecular orientation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 翔子 / Shoko Nakanishi / ナカニシ ショウコ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村島 和 / Nagomi Murashima / ムラシマ ナゴミ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 紘一 / Koichi Sawada / サワダ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa /
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-23 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2018-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会