電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-22 13:30
位相雑音に対して耐性のある高次Circular QAM信号空間配置の設計法及びBER特性
鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NEC
抄録 (和) 本稿では,時変の位相雑音に対して耐性のある高次circular Quadrature Amplitude Modulation (QAM)の設計法を提案する.本稿では,高符号化率のLow-Density Parity-Check (LDPC)符号化に適した並列ダブルグレイマッピング及び協調LDPC復号の適用を前提にした.提案の設計法では,全てのリング上で同数の信号点を有する信号空間配置をベースにして,主に各信号点における隣接信号点間の最小ユークリッド距離の平均値,振幅方向及び位相方向の隣接信号点間の平均ユークリッド距離,同一LDPC符号化ビットを有する信号点間の最小ユークリッド距離により,circular QAM信号空間配置を設計する.Circular 1024QAMを例として,具体的な設計法を述べ,16 points x 2 rings + 32 points x 1 ring + 64 points x 15 ringsのcircular 1024QAM信号空間配置を提案する.計算機シミュレーション結果より,提案の設計法の妥当性を示す.さらに,提案のcircular 1024QAM信号空間配置は,ビット誤り率が10-6を満たすための所要受信Signal-to-Noise power Ratio (SNR)をrectangular 1024QAMに比較して約0.2 - 0.5 dB低減できることを示す. 
(英) This paper proposes a design method for high-order circular QAM constellation which is robust for time-varying phase noise. We assume the application of partial Low-Density Parity-Check (LDPC) coding with double Gray mapping and collaborative LDPC decoding which are practical methods for high-rate LDPC code. In the proposed design method, we design the high-order circular QAM constellation based mainly on a variety of the minimum Euclidean distances between each signal point and the neighboring signal points. In this paper, we describe the proposed design method and proposed the circular 1024QAM constellation comprising 16 points x 2 rings + 32 points x 1 ring + 64 points x 15 rings. Computer simulation results show the validity of the proposed design method. We also show that the proposed circular 1024QAM constellation improves the required received signal-to-noise power ratio (SNR) at the bit error rate of 10-6 by approximately 0.2 – 0.5 dB compared to rectangular 1024QAM in AWGN channel with time-varying phase noise.
キーワード (和) circular QAM / パーシャルLDPC符号化 / ダブルグレイマッピング / 最小ユークリッド距離 / 位相雑音 / / /  
(英) circular QAM / partial LDPC coding / double Gray mapping / minimum Euclidean distance / phase noise / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 396, RCS2017-278, pp. 55-60, 2018年1月.
資料番号 RCS2017-278 
発行日 2018-01-15 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2018-01-22 - 2018-01-23 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相雑音に対して耐性のある高次Circular QAM信号空間配置の設計法及びBER特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Method of High-Order Circular QAM Constellation with Robustness for Phase Noise and Its BER Performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) circular QAM / circular QAM  
キーワード(2)(和/英) パーシャルLDPC符号化 / partial LDPC coding  
キーワード(3)(和/英) ダブルグレイマッピング / double Gray mapping  
キーワード(4)(和/英) 最小ユークリッド距離 / minimum Euclidean distance  
キーワード(5)(和/英) 位相雑音 / phase noise  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 斌 / Bin Zheng / テイ ヒン
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 典史 / Norifumi Kamiya / カミヤ ノリフミ
第3著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-22 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2017-64,IEICE-SIP2017-72,IEICE-RCS2017-278 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-01-15,IEICE-SIP-2018-01-15,IEICE-RCS-2018-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会