電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-21 14:45
複数話者WaveNetボコーダに関する調査
林 知樹小林和弘玉森 聡武田一哉戸田智基名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,複数話者WaveNetボコーダに関する調査を行う.我々の先行研究において,単一の話者の発話を用いて学習された話者依存WaveNetボコーダは,位相情報などの時系列構造をモデル化することを可能とし,従来の高品質なSTRAIGHTボコーダを上回る品質を示すことが明らかとなった.しかしながら,話者依存WaveNetボコーダはその高い話者依存性のために,複数の話者の音声など様々な特徴を持つ音声を合成できるとは限らない.柔軟かつ高い自然性を持つ音声の合成を可能とするWaveNetボコーダの実現に向け,補助特徴量の改善,ノイズシェーピングによる聴覚マスキングの導入,及び,複数話者データを用いた学習をWaveNetボコーダに適用し,その有効性を調査する.さらに,学習データ量が合成品質に与える影響の調査も行う.我々は実験的に下記の3点を明らかにする.1) 複数話者WaveNetボコーダは,既知話者に対しては話者依存WaveNetボコーダと同等の自然性を示すが,未知話者に対しては自然性が低下する.2) 複数話者WaveNetボコーダは,既知話者だけでなく,未知話者に対しても従来の高品質ボコーダSTRAIGHTの自然性を大きく上回る.3) 単一話者・複数話者に関わらず,客観評価値は学習データ量に比例して改善する. 
(英) In this paper, we investigate a multi-speaker WaveNet vocoder. In our previous work, we have demonstrated that our proposed speaker-dependent (SD) WaveNet vocoder, which is trained with a single speaker's speech data, is capable of modeling temporal waveform structure, such as phase information, and makes it possible to generate more natural sounding synthetic voices compared to the conventional high-quality vocoder, STRAIGHT. However, it is still difficult to generate synthetic voices of various speakers using the SD-WaveNet due to its speaker-dependent property. Towards the development of speaker-independent WaveNet vocoder, we update the auxiliary features, introduce the noise shaping technique, and apply multi-speaker training techniques to the WaveNet vocoder and investigate their effectiveness. Moreover, we investigate the effectiveness of the amount of training data. The experimental results demonstrate that 1) the multi-speaker WaveNet vocoder is comparable to SD WaveNet in generating known speakers' voices, but it is slightly worse in generating unknown speakers' voices, 2) the multi-speaker WaveNet vocoder outperforms STRAIGHT in generating both known and unknown speakers' voices, and 3) the scores of objective evaluation metrics are improved proportionally to the amount of training data.
キーワード (和) 音声合成 / ボコーダ / WaveNet / / / / /  
(英) speech synthesis / vocoder / WaveNet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 393, SP2017-81, pp. 81-86, 2018年1月.
資料番号 SP2017-81 
発行日 2018-01-13 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP ASJ-H  
開催期間 2018-01-20 - 2018-01-21 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 音声合成,音声コミュニケーション,聴覚,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-01-SP-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数話者WaveNetボコーダに関する調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An investigation of multi-speaker WaveNet vocoder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声合成 / speech synthesis  
キーワード(2)(和/英) ボコーダ / vocoder  
キーワード(3)(和/英) WaveNet / WaveNet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 知樹 / Tomoki Hayashi / ハヤシ トモキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和弘 / Kazuhiro Kobayashi / コバヤシ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉森 聡 / Akira Tamamori / タマモリ アキラ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-21 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2017-81 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2018-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会