電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-20 14:55
[ポスター講演]高品質音声分析合成による各パラメータのフレームシフト幅が音質に与える影響
宮下玄太森勢将雅山梨大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高品質音声をボコーダを用いて分析合成を行う際に音質の劣化が発生する.
筆者らは,これまでの研究により,この音質の劣化と分析時のフレームシフト幅との関係について主観評価実験を行い,その結果から,音声分析の際に最適なフレームシフト幅は音声パラメータ毎に異なる可能性を明らかにした.
本稿では基本周波数とスペクトル包絡に着目し,各音声パラメータの分析時のフレームシフト幅が音質に及ぼす影響についてMUSHRA法を用いた主観評価を行う.
実験の結果,基本周波数パラメータは20 msまで有意な音質劣化が検出されなかった.
一方で,スペクトル包絡パラメータは5 msで音質の劣化が検出された.
この結果から,基本周波数パラメータの持つ時間軸方向のデータ量は,従来のものより少ない情報に符号化しても音質に影響がないことが確認された. 
(英) Sound quality deterioration occurs when analyzing and synthesizing high--quality speech by using a vocoder.
We conduct a subjective evaluation on the influence of the frame shift used for estimating each speech parameter on the sound quality.
As a result, deterioration of the sound quality was not detected in cases where the frame shift of 20 ms is used in F0.
On the other hand, deterioration of the sound quality was detected when using the frame shift of 5 ms in the spectral envelope.
キーワード (和) 音声分析合成 / フレームシフト / 音質 / 基本周波数 / スペクトル包絡 / / /  
(英) speech analysis/synthesis / frame shift / sound quality / F0 / spectral envelope / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 393, SP2017-72, pp. 35-38, 2018年1月.
資料番号 SP2017-72 
発行日 2018-01-13 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP ASJ-H  
開催期間 2018-01-20 - 2018-01-21 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 音声合成,音声コミュニケーション,聴覚,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-01-SP-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高品質音声分析合成による各パラメータのフレームシフト幅が音質に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of frame shift in speech parameters on sound quality by high-quality speech analysis/synthesis system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声分析合成 / speech analysis/synthesis  
キーワード(2)(和/英) フレームシフト / frame shift  
キーワード(3)(和/英) 音質 / sound quality  
キーワード(4)(和/英) 基本周波数 / F0  
キーワード(5)(和/英) スペクトル包絡 / spectral envelope  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 玄太 / Genta Miyashita / ミヤシタ ゲンタ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Yamanashi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Yamanashi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-20 14:55:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2017-72 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SP-2018-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会