電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-20 14:55
[ポスター講演]音声変形技術を用いた外国語聴解教材の声質操作とそれを用いた日本人英語学習者の聴解能力の頑健さに関する実験的検討
張 昊宇井上雄介齋藤大輔峯松信明東大)・山内 豊東京国際大)・増田斐那子成蹊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々が日常生活で聞く音声は,話者の性別,体格,部屋の音響特性,伝送系の特性,背景雑音など様々な 非言語的要因・環境要因によって歪む。そして,歪んだ音声に対する外国語学習者の聞き取り精度は一般に低下する。 外国語学習の主目的が実世界での音声コミュニケーション能力の向上である以上,日常的な,歪んだ音声を聞き取れ るようになることが望ましい。音声変形技術を使えば,様々な要因を定量的に制御し,多様な歪みを定量的に模擬す ることができる。本研究では学習者の聴取能力を調査する従来研究では利用されていない,体格変形音声と航空無線 音声を音声変形技術を用いて模擬し,学習者および母語話者に対してリスニング試験を行なった。そして試験の結果 を学習者,母語話者間で比較することで聴取能力の頑健性(あるいは脆弱性)を調査した。 
(英) When a speaker speaks and a listener listens to that speaker, extra-linguistic and environmental factors often degrade the quality of speech. This degradation, which is very common in our daily life, is always troublesome to non-native listeners. We developed a system that can modify an input clean speech sample into its variously degraded versions, which can be used for training learners to gain robust listening capabilities. In this research, robustness in listening is investigated and compared between learners and native speakers, where speech samples are modified so that the samples sound as if they are generated from very tall or very small speakers or they sound like air-traffic control communication. The above two kinds of speech are not used in previous studies investigating learners’ listening ability. The results clearly showed that significant weakness is found in learners.
キーワード (和) 音声変形 / 音声低品質化 / 外国語学習支援 / 聞き取り能力 / 頑健さ / / /  
(英) Speech quality degradation / speech modification / frequency warping / listening challenge / listening robustness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 393, SP2017-71, pp. 31-34, 2018年1月.
資料番号 SP2017-71 
発行日 2018-01-13 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP ASJ-H  
開催期間 2018-01-20 - 2018-01-21 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 音声合成,音声コミュニケーション,聴覚,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-01-SP-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声変形技術を用いた外国語聴解教材の声質操作とそれを用いた日本人英語学習者の聴解能力の頑健さに関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic speech quality control of English listening materials and examination of Japanese learners’ listening ability in terms of robustness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声変形 / Speech quality degradation  
キーワード(2)(和/英) 音声低品質化 / speech modification  
キーワード(3)(和/英) 外国語学習支援 / frequency warping  
キーワード(4)(和/英) 聞き取り能力 / listening challenge  
キーワード(5)(和/英) 頑健さ / listening robustness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 昊宇 / Zhang Haoyu / チョウ コウウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 雄介 / Inoue Yusuke / イノウエ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 大輔 / Saito Daisuke / サイトウ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 信明 / Minematsu Nobuaki / ミネマツ ノブアキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 豊 / Yamauchi Yutaka / ヤマウチ ユタカ
第5著者 所属(和/英) 東京国際大学 (略称: 東京国際大)
Tokyo International University (略称: TIU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 斐那子 / Masuda Hinako / マスダ ヒナコ
第6著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: SeikeiU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-20 14:55:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2017-71 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SP-2018-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会