お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 11:50
モデル間分散を利用した適応的な反射特性計測手法の検討
新田 暢東大)・渡辺義浩東大/JST)・石川正俊東大PRMU2017-139 MVE2017-60
抄録 (和) 本論文では反射特性計測の高速化を目標に,少数の計測による反射特性再構成手法について述べる.従来
の反射特性の計測は,光源方向と観測方向を様々に変化させて多くのサンプリングを繰り返すため,時間を要すると
いう問題を抱えていた.そこで本稿では,一度サンプリングするたびに,次の計測戦略を適応的に決め,計測時間を
短縮する手法を提案する.本手法は,今までに取得された観測値に基づいて,モデル間分散が最大になるようなサン
プリング方向を次のサンプリング方向とすることで,少ない回数で反射特性計測を完了させるものである.この手法
についてシミュレーション実験を行うことにより,本手法はマテリアルごとに適応的に,少数の計測で反射特性を精
度よく再構成できることを確認した. 
(英) In this paper, we describe a reflectance reconstruction method based on a small number of measurements
in order to speed up reflectance measurement. Conventional method of reflectance measurement has a problem that
it takes a lot of time to complete because it is necessary to perform sampling repeatedly changing the direction of
light source and observation variously. In this paper, we propose a method to shorten the measurement time by
adaptively determining the measurement strategy after each sampling. In this method, the next sampling direction
is set as the sampling direction that maximizes the between-model variance based on the history of measured val-
ues, which enables to complete the measurement of reflectance with a small number of samplings. By conducting
simulation experiments on this method, we confirmed that this method can reconstruct reflectance precisely with a
small number of measurements adaptively for each material.
キーワード (和) 反射特性 / BRDF / 再構成 / 適応的サンプリング / / / /  
(英) Reflectance / BRDF / Reconstruction / Adaptive Sampling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 391, PRMU2017-139, pp. 251-256, 2018年1月.
資料番号 PRMU2017-139 
発行日 2018-01-11 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-139 MVE2017-60

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 大阪府立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) AR,VR関連技術とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モデル間分散を利用した適応的な反射特性計測手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive BRDF Sampling Method Based on Between-model Variance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反射特性 / Reflectance  
キーワード(2)(和/英) BRDF / BRDF  
キーワード(3)(和/英) 再構成 / Reconstruction  
キーワード(4)(和/英) 適応的サンプリング / Adaptive Sampling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 暢 / Masashi Nitta / ニッタ マサシ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 義浩 / Yoshihiro Watanabe / ワタナベ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学/国立研究開発法人科学技術振興機構, さきがけ (略称: 東大/JST)
The University of Tokyo/JST, PRESTO (略称: UTokyo/JST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 正俊 / Masatoshi Ishikawa / イシカワ マサトシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-139,IEICE-MVE2017-60 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.391(PRMU), no.392(MVE) 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-01-11,IEICE-MVE-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会