電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 15:25
グラフ連結確率の新近似計算法
木内悠太林 正博東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,確率グラフにおける K-局間信頼度の新近似計算法を提案する.ここで,K-局間信頼度と は,特定ノード間が通信可能な確率を意味し,通信ネットワークの信頼性設計において,頻繁に利用される信頼性 評価尺度である.我々の提案法は,近似真理表法と呼ばれる方法と部分分解法と呼ばれる方法を組み合わせた方法 である.近似真理表法は,それほど近似精度の良い方法ではないが,適用範囲が広い.それに対し,部分分解法は, 極めて高近似精度,かつ,高速であるが,適用範囲に強い制約があった.本方法は,両方法を組み合わせることで, さらなる高近似精度,高速,かつ,広範囲への適用を実現する.本方法は,K-局間信頼度の下限近似値と上限近似 値の両方を算出することができるため,近似精度の見積もりが可能な点が優れている.上記の利点が,実際に計算 機を使用した場合において正しいことを数値実験により示す 
(英) This paper proposes a new approach for approximating K-terminal reliability of Probability Graph, where K-terminal reliability is the probability of communication possibility among specified nodes on telecommunications networks. Our proposal is a combined technique of Truth Table Approximation Method and Partial Factoring Method. Truth Table Approximation Method is not so accurate but widely applicable. Partial Factoring Method is surely accurate with high speed computation but its application is very limited. Now our combined technique realizes much higher accuracy, higher speed, and wider applications. Our combined technique can output both of lower and upper bounds of K-terminal reliability. Therefore, we can estimate error caused by this technique. A numerical example is demonstrated to show our method being really useful from the views of accuracy and computational speed.
キーワード (和) 通信ネットワーク / 確率グラフ / K-局間信頼度 / 近似真理表法 / 部分分解法 / / /  
(英) Telecommunications Networks / Probability Graph / K-terminal reliability / Truth Table Approximation Method / Partial Factoring / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 386, CQ2017-100, pp. 87-92, 2018年1月.
資料番号 CQ2017-100 
発行日 2018-01-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,ユーザ行動,機械学習,一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフ連結確率の新近似計算法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Approximation Method for Probability of Graph being Connected 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信ネットワーク / Telecommunications Networks  
キーワード(2)(和/英) 確率グラフ / Probability Graph  
キーワード(3)(和/英) K-局間信頼度 / K-terminal reliability  
キーワード(4)(和/英) 近似真理表法 / Truth Table Approximation Method  
キーワード(5)(和/英) 部分分解法 / Partial Factoring  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木内 悠太 / Yuta Kiuchi / キウチ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正博 / Masahiro Hayashi / ハヤシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-100 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会