お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 13:05
パーミッション型ブロックチェーンシステム向けスマートコントラクトベース運用実行方式
佐藤竜也日立ICM2017-48 LOIS2017-64
抄録 (和) ブロックチェーン(BC)の一形態として,特定企業間(コンソーシアム)にて,その取引業務プロセスをプログラムコードとして記述し,ノード間で分散合意プロトコルに基づき同期/連動しながら自動実行するスマートコントラクト機能を特徴とするパーミッション型BCが,特にエンタープライズ分野で将来の有望技術として注目されている.パーミッション型BCでは,単一のBCシステムが複数の異なる管理ドメイン(例: 各組織のデータセンタ)下に分散して存在することから,システム運用作業(例: バックアップ)の内容統一や実施スケジュールの調整など,運用面が困難化することが想定される.本研究では,この問題に対して,運用作業自体をスマートコントラクトとして記述することで,BCシステムを構成するノード間で合意形成/同期しながら,管理ドメインをまたいで一定内容の運用作業を同時実施可能とする運用実行方式を提案する.本方式の初期評価として,簡易実装に基づき方式の技術的実現性を検証するとともに,代替方式との機能比較や導入効果試算により有効性を示す. 
(英) Enterprises have paid attention to permissioned blockchain (BC) characterized with smart-contract, where business transactions among inter-authorized companies (forming consortium) can automatically be executed based on distributed consensus protocol over business logics pre-defined with program codes. A single BC system will be built across multiple management domains having different operational policies, e.g., data center of each organization; this will trigger a problem that its system operations (e.g., backup) will become costly due to the difficulty in unifying and/or adjusting operational policy, schedule, etc., among management domains. Toward solving the problem, we propose an operations execution method for BC systems; a primary idea is to define operations as smart-contract so that unified and synchronized cross-organizational operations can be executed effectively by using BC-native features. We verify the technical feasibility of the method through preliminary implementation, and validate the effectiveness of the proposed method by functional comparison to alternatives as well as estimation on operational cost reduction.
キーワード (和) パーミッション型ブロックチェーン / 運用管理 / スマートコントラクト / Hyperledger Fabric / / / /  
(英) Permissioned Blockchain / Operations Management / Smart Contract / Hyperledger Fabric / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 388, ICM2017-48, pp. 81-86, 2018年1月.
資料番号 ICM2017-48 
発行日 2018-01-11 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2017-48 LOIS2017-64

研究会情報
研究会 LOIS ICM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 崇城大学 池田キャンパス 
開催地(英) Sojo University 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-01-LOIS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パーミッション型ブロックチェーンシステム向けスマートコントラクトベース運用実行方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Smart-Contract-based System Operations Execution Method for Permissioned Blockchain Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パーミッション型ブロックチェーン / Permissioned Blockchain  
キーワード(2)(和/英) 運用管理 / Operations Management  
キーワード(3)(和/英) スマートコントラクト / Smart Contract  
キーワード(4)(和/英) Hyperledger Fabric / Hyperledger Fabric  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 竜也 / Tatsuya Sato / サトウ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2017-48,IEICE-LOIS2017-64 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.388(ICM), no.389(LOIS) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2018-01-11,IEICE-LOIS-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会