お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 10:20
農作業者の腕動作認識によるトマト収穫量の空間分布の可視化
橋本幹基九大)・有田大作長崎県立大)・島田敬士内山英昭谷口倫一郎九大PRMU2017-134 MVE2017-55
抄録 (和) 農業分野へのICTの活用が進められており,高品質の農作物を安定的・効率的に生産するなどの栽培支援を目的とした取り組みが行われている.現在,農場の経営者は環境や作物に関する情報を自身の感覚やセンサーを用いて把握して圃場の管理・運用を行っている.そこで本研究では,ビニールハウスで育てられているトマトを対象として,ハウスの場所ごとの収穫量にばらつきがあることを可視化し,これらの情報を圃場の経営者に提供することで栽培支援に繋げることを目的としている.具体的にはスマートデバイスを用いて農作業者の作業位置と収穫動作を計測しトマトの収穫量の空間分布を獲得し可視化を行った.ビーコンを圃場全体に設置し,スマートフォンでビーコンが発する電波を受信することで農作業者の位置を推定し,同時にスマートウォッチで計測している加速度・角速度を用いて,特定の作業を認識することでトマトを収穫したかどうかを推定した.これらの実験を3人の農作業者に対して2週間計測を行い,週ごとの収穫量のばらつきの可視化を行った. 
(英) Application of ICT to the agricultural field is in progress. In this research, we focused on tomatoes grown in a greenhouse to visualize the variation in crop yield of the greenhouse. And we aim to provide cultivation support by providing these information to managers of the greenhouse. Smart devices are used to measure the position and harvesting behavior of farm workers and visualized the spatial distribution of tomato yields. By using beacons and smartphones for position estimation, it is able to estimate the section where farm workers are working and at the same time, recognizing specific action with smart watch to estimate whether the farm worker harvests a tomato or not. We conducted these experiments for three farmers for two weeks and compared the variance of the crop yield per week.
キーワード (和) 位置推定 / 動作認識 / 可視化 / スマートデバイス / 収穫マップ / / /  
(英) Position estiamtion / Action recognition / Visualization / Smart device / Harvesting map / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 391, PRMU2017-134, pp. 217-222, 2018年1月.
資料番号 PRMU2017-134 
発行日 2018-01-11 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-134 MVE2017-55

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 大阪府立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) AR,VR関連技術とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 農作業者の腕動作認識によるトマト収穫量の空間分布の可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of spatial distribution of tomato yields based on action recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置推定 / Position estiamtion  
キーワード(2)(和/英) 動作認識 / Action recognition  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) スマートデバイス / Smart device  
キーワード(5)(和/英) 収穫マップ / Harvesting map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 幹基 / Yoshiki Hashimoto / ハシモト ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有田 大作 / Daisaku Arita / アリタ ダイサク
第2著者 所属(和/英) 長崎県立大学 (略称: 長崎県立大)
University of Nagasaki (略称: Univ. of Nagasaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 敬士 / Atushi Shimada / シマダ アツシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 英昭 / Hideaki Uchiyama / ウチヤマ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 倫一郎 / Rin-ichiro Taniguchi / タニグチ リンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-134,IEICE-MVE2017-55 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.391(PRMU), no.392(MVE) 
ページ範囲 pp.217-222 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-01-11,IEICE-MVE-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会