電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 11:45
熊本地震における時空間通話需要の推定
鐘 雷NII)・○鷹野 澄東大)・依田邦和計 宇生山田茂樹NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 減災や救援における移動通信の重要性が増しているため、地震などの自然災害の際にいつでもどこでも重 要な情報を他の人と通信し共有することが非常に重要である。しかし、モバイルネットワークインフラは、通常、災 害によって破壊されるだけでなく、激しいトラフィックによって混雑になる。したがって、携帯電話の通話需要を推 定することが、モバイルネットワーク事業者にとって、緊急時や災害時のネットワーク輻輳に対処するための鍵であ る。本稿では、モバイルネットワークから収集されたビッグデータを活用して、時空間の携帯電話通話の需要を予測 するデータ駆動型手法を提案する。具体的には、公的な産業調査や報告書から収集したデータに基づいて、携帯電話 の通話需要が人口とともにどのように変化するかを示すモデルを開発する。空間的および時間的に携帯電話の通話要 求の変化を実証するために、熊本地震の間の人口分布のビッグデータにそれを適用する。また、地震が昼間に発生す ると想定した場合の携帯電話の通話需要を予測する。最後に、災害時にネットワーク混雑を緩和する新世代モバイル ネットワークとサービスの利用動向についての議論を行う。 
(英) Due to the increasing importance of mobile communications in disaster mitigation and relief, it is very critical to be able to communicate and share critical information with others anytime and anywhere during natural disasters such as earthquakes. However, the mobile network infrastructures are usually not only physically damaged by the disasters but also congested by a tremendous traffic of mobile-phone calls. Therefore, being able to estimate the mobile-phone call demand is a key for mobile network operators to better prepare for and respond to the network congestion before and during the disasters. In this paper, we propose a data-driven approach to estimate the spatio-temporal mobile-phone call demand by leveraging the big data collected from the operational mobile network. Specifically, we develop a model that shows how the mobile-phone call demand varies with the population based on the collected data from public industrial surveys and reports. We apply it to the live population distribution big data during the Kumamoto earthquakes to demonstrate the mobile-phone call demand changes spatially and temporally on the geographical map. In addition, we also demonstrate the estimation of mobile-phone call demand during the worst-case – a hypothetical earthquake occurs in the daytime. Finally, we discuss the trend of future mobile networks and services that have great potential to alleviate the network congestions in future disasters.
キーワード (和) 通話需要 / 地震災害 / 時空間推定 / / / / /  
(英) Mobile-Phone Call Demand / Earthquake Disaster / Spatio-Temporal Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 386, CQ2017-94, pp. 51-56, 2018年1月.
資料番号 CQ2017-94 
発行日 2018-01-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,ユーザ行動,機械学習,一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-01-CQ 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 熊本地震における時空間通話需要の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatio-Temporal Mobile Call Demand Estimation in the Kumamoto Earthquakes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通話需要 / Mobile-Phone Call Demand  
キーワード(2)(和/英) 地震災害 / Earthquake Disaster  
キーワード(3)(和/英) 時空間推定 / Spatio-Temporal Estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鐘 雷 / Lei Zhong / ショウ ライ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹野 澄 / Kiyoshi Takano / タカノ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 依田 邦和 / Kunikazu Yoda / ヨダ クニカズ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 計 宇生 / Yusheng Ji / ケイ ウセイ
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 茂樹 / Shigeki Yamada / ヤマダ シゲキ
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-94 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会