お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 11:25
反射特性計測の高速化に向けたベイズ最適化を利用したサンプリングの設計
渡辺義浩東大/JST)・斎藤謙二郎宮下令央石川正俊東大PRMU2017-138 MVE2017-59
抄録 (和) 本稿では,反射特性の一形態であるBRDFの計測に着目する.高速な計測に向けた従来手法として,BRDFのモデルパラメタを,少数の観測値のみから,非線形最適化を介さずに,代数的解法によって推定する手法が提案されている.同手法は高速なBRDF計測に向けて有効であるが,選択される観測値によって精度が大きく変わることが問題であった.このような背景の下,本発表では,ベイズ最適化を導入することで,視点とライティングに関して最適なサンプリングを設計する手法を提案する. 
(英) This paper focuses on BRDF that is a form of material surface characteristics. As a conventional work toward high-speed sensing, there is a method estimating BRDF model parameters from a few samplings based on algebraic solution without using non-linear optimization. Although the concept of this method is effective to speed up the BRDF acquisition, the accuracy highly depends on which samplings are used for the estimation. Based on this background, in this paper, we propose a method optimizing the sampling about the viewing and lighting directions by utilizing the Bayesian Optimization.
キーワード (和) 反射特性 / 高速計測 / ベイズ最適化 / / / / /  
(英) BRDF / High-speed measurement / Bayesian optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 391, PRMU2017-138, pp. 245-250, 2018年1月.
資料番号 PRMU2017-138 
発行日 2018-01-11 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-138 MVE2017-59

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 大阪府立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) AR,VR関連技術とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反射特性計測の高速化に向けたベイズ最適化を利用したサンプリングの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Minimal Sampling Design using Bayesian Optimization Toward High-speed BRDF Acquisition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反射特性 / BRDF  
キーワード(2)(和/英) 高速計測 / High-speed measurement  
キーワード(3)(和/英) ベイズ最適化 / Bayesian optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 義浩 / Yoshihiro Watanabe / ワタナベ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学/国立研究開発法人科学技術振興機構, さきがけ (略称: 東大/JST)
The University of Tokyo/JST, PRESTO (略称: UTokyo/JST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 謙二郎 / Kenjiro Saito / サイトウ ケンジロウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 令央 / Leo Miyashita / ミヤシタ レオ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 正俊 / Masatoshi Ishikawa / イシカワ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-138,IEICE-MVE2017-59 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.391(PRMU), no.392(MVE) 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-01-11,IEICE-MVE-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会