お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 10:00
通信経路帯域とロス率を考慮したデータ圧縮と前方消失パケット回復
桑原佳久鶴 正人九工大ICM2017-33 LOIS2017-49
抄録 (和) センサ等のIoT (Internet of Things)デバイスが屋外に置かれる場合,長距離で安価な狭帯域の無線通信が用いられ,また障害物やフェージング等によりパケットロスが発生する.一方,センサから得られる様々な数値データは必要な正確さが利用目的によって異なり,可逆圧縮である必要はない.
そこで本報告では,送信側はセンサから得た整数値列を圧縮,冗長化し,複数のパケットに格納して,ロスが発生する無線通信経路を介して送信し,受信側は受信パケットからセンサデータを復元する通信システムを想定する.受信側で復元したデータ値にある程度の誤差を許容する前提で,通信経路の狭帯域性と高ロス率を考慮したデータ圧縮と消失パケット回復の適応的な組み合わせ手法を提案する.そこではデータを近似するような折れ線のデータ(折れ線構成データ)とそれを補正するための折れ線と生データの差分情報の一部(差分構成データ)を送信する.センサデータ生成レート,通信経路の転送可能帯域・パケットロス率・パケット長,および受信側での相対許容誤差を考慮して,折れ線近似を決定すると共に,折れ線構成データと差分構成データには異なる冗長度を与えることで転送可能帯域の効率的利用を図る.
増加パターンの異なるデータを用いたシミュレーションによって,提案手法の効果を評価する. 
(英) In case of outdoor settings, IoT (Internet of Things) devices such as sensors often use low data-rate wireless channels to realize a long distance and inexpensive communications; a considerable packet losses happen due to obstacles and fading etc.
On the other hand,
numerical data obtained from sensors allow different levels of accuracy depending on the purpose of use,
and do not require strict lossless compression.
In this report, therefore, we assume that
a sender compresses a sequence of integer values obtained from a sensor, stores it in multiple packets redundantly, and transmits it via a lossy wireless network,
while a receiver tries to reconstruct the original sensor data from the received packets.
Assuming a level of allowable errors in reconstructed sensor data at receiver,
we propose a joint data compression and packet-level forward recovery scheme to adapt to a low data-rate and a high loss-rate of the network path.
The proposed scheme performs a broken line approximation of the sensor data, and sends the polygonal line information (called the line data) with the amendment information on a part of differences between the polygonal line and individual original values (called the offset data).
Data generation rate of the sensor; data rate, packet loss rate, and packet size of the network path; an allowable error level of the application are considered to take a broken line approximation and to give different transmission redundancies to the line data and the offset data, respectively, to efficiently utilize a low available data-rate.
Its effectiveness is shown through simulation using data with different increasing patterns.
キーワード (和) センサデータ / データ圧縮 / 前方消失パケット / ゴロム・ライス符号 / / / /  
(英) Sensor data / Data compression / Forward erasure correction / Golomb-Rice coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 388, ICM2017-33, pp. 1-6, 2018年1月.
資料番号 ICM2017-33 
発行日 2018-01-11 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2017-33 LOIS2017-49

研究会情報
研究会 LOIS ICM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 崇城大学 池田キャンパス 
開催地(英) Sojo University 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-01-LOIS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信経路帯域とロス率を考慮したデータ圧縮と前方消失パケット回復 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Joint data compression and packet-level forward erasure correction based on network data rate and loss rate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサデータ / Sensor data  
キーワード(2)(和/英) データ圧縮 / Data compression  
キーワード(3)(和/英) 前方消失パケット / Forward erasure correction  
キーワード(4)(和/英) ゴロム・ライス符号 / Golomb-Rice coding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 佳久 / Yoshihisa Kuwahara / クワハラ ヨシヒサ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
kyushu institute of technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
kyushu institute of technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2017-33,IEICE-LOIS2017-49 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.388(ICM), no.389(LOIS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2018-01-11,IEICE-LOIS-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会