お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 14:00
地下鉄トンネルの電波伝搬におけるトンネル内構造物の影響
西田賢史東工大/京三製作所)・高田潤一東工大)・チン ギルバート シー吉敷由起子構造計画研AP2017-157
抄録 (和) 地下鉄トンネルにて,トンネル完成直後と営業運転開始後の2回,同一の場所で電波伝搬実験を実施した.地下鉄トンネルには,列車運行に必要な各種設備が設けられ,トンネル壁面での電波の反射に何らかの影響があると考えられた.そこで,各種設備が設置される前と設置された後の電波伝搬実験によって,影響を明らかにした.見通しを失った先の区間について減衰傾度を求めて比較したところ,設置前と設置後の減衰傾度はそれぞれ 0.03 dB/mと 0.65 dB/mであった.故に、トンネル内に各種設備が設置されることによって全体的に減衰傾度が大きくなる結果を得た.合わせて,無指向性アンテナと指向性アンテナでの違いや,2.4 GHz帯と5 GHz帯の周波数で測定した結果についても示す. 
(英) Radio wave propagation measurements were taken inside a subway tunnel. One measurement was taken immediately after the tunnel's construction and another after the start of commercial operations. These two measurements were performed at the same location. For the second measurement, various installations required for train operation were fixed to the subway tunnel wall. These installations were not present for the first measurement; thus, we compared the measurement results between two time points to examine the effects of the installations on the reflection of radio waves on the tunnel wall. Immediately after the tunnel's construction and after the start of commercial operations, the attenuation constant in the non line-of-sight section are 0.03 dB/m and 0.65 dB/m, respectively. In addition, attenuation constants in the 2.4 GHz band and the 5 GHz band, using an omnidirectional antenna and a directional antenna for each tunnel section, are also shown.
キーワード (和) 鉄道信号 / 列車制御 / 現地測定 / トンネル伝搬 / / / /  
(英) Railway signaling / Train control / On-site test / Tunnel propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 382, AP2017-157, pp. 37-42, 2018年1月.
資料番号 AP2017-157 
発行日 2018-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2017-157

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-01-AP-WPT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 地下鉄トンネルの電波伝搬におけるトンネル内構造物の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of the Object Inside a Tunnel in the Radio Wave Propagation of a Subway Tunnel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鉄道信号 / Railway signaling  
キーワード(2)(和/英) 列車制御 / Train control  
キーワード(3)(和/英) 現地測定 / On-site test  
キーワード(4)(和/英) トンネル伝搬 / Tunnel propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 賢史 / Satoshi Nishida / ニシダ サトシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学/株式会社京三製作所 (略称: 東工大/京三製作所)
Tokyo Institute of Technology/Kyosan Electric Manufacturing Co., Ltd. (略称: Tokyo Tech/Kyosan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ich Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) チン ギルバート シー / Gilbert Siy Ching / チン ギルバート シー
第3著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
Kozo Keikaku Engineering Inc. (略称: KKE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉敷 由起子 / Yukiko Kishiki / キシキ ユキコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
Kozo Keikaku Engineering Inc. (略称: KKE)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-157 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会