お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 15:50
テレパシー通信の実現性に関する考察 ~ マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 ~
小池 誠MKマイクロ波研
抄録 (和) 矩形波のマイクロ波は聴覚を刺激する現象があり、マイクロ波聴覚効果と命名されている。そこで、マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信では、矩形波のマイクロ波を人間の頭部に照射して、マイクロ波聴覚効果により頭部がマイクロ波を音波に変換して、音声信号を復調する。パルス振幅変調及びパルス周波数変調のいずれでも音声信号を頭部に伝えることができる。対人レーダーを応用することにより、特定の1人に選択的にマイクロ波ビームを照射することができる。統合失調症の原因は不明であるが、マイクロ波通信が原因という仮説を提唱する。 
(英) Microwave in a rectangular pulse induces auditory sensation, and this phenomenon is called microwave auditory effect. A microwave communication with the application of microwave auditory effect involves the irradiation of a microwave beam serving as a carrier onto the head of the recipient so that the microwave carrier converts into an acoustic wave by microwave auditory effect, thereby demodulating an acoustic signal. Both pulse amplitude modulation and pulse frequency modulation allow to transmit the acoustic signal directly onto the head. The application of anti-personnel radar enables to irradiate the microwave beam directly onto one specific individual. Since the aetiology of schizphrenia remains unknown, I propose herein that the microwave communication causes schizophrenia.
キーワード (和) マイクロ波聴覚効果 / テレパシー通信 / パルス変調 / 統合失調症 / 対人レーダー / マイクロ波通信 / /  
(英) microwave auditory effect / telepathy communication / pulse modulation / schizophrenia / anti-personnel radar / microwave communication / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-18 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 通信行動工学(CBE)研究会:ユーザ行動の定量化/可視化

CQ研究会と併催されるCBE研究会(第二種研究会)です. 
テーマ(英) Technical Committee on Communication Behavior Engineering (CBE): Quantification and Visualization of User Behavior 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テレパシー通信の実現性に関する考察 
サブタイトル(和) マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 
タイトル(英) Examining the Feasability of Telepathy Communication 
サブタイトル(英) Microwave Communication with the Application of Microwave Auditory Effect 
キーワード(1)(和/英) マイクロ波聴覚効果 / microwave auditory effect  
キーワード(2)(和/英) テレパシー通信 / telepathy communication  
キーワード(3)(和/英) パルス変調 / pulse modulation  
キーワード(4)(和/英) 統合失調症 / schizophrenia  
キーワード(5)(和/英) 対人レーダー / anti-personnel radar  
キーワード(6)(和/英) マイクロ波通信 / microwave communication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 誠 / Makoto Koike / コイケ マコト
第1著者 所属(和/英) 小池誠マイクロ波研究所 (略称: MKマイクロ波研)
Makoto Koike Microwave Research Institute (略称: MK Microwave Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会