電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 10:45
ソーシャルネットワークにおける影響力推定手法の有効性と手法間の関係の分析
竹村隼平津川 翔筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソーシャルネットワークにおける影響力の強いノードを推定することは、ネットワーク科学分野の重要な研究課題の 1 つである。影響力の強いノードを推定するための手法は数多く提案されているが、様々な手法を網羅的に比較評価した研究は限られている。本稿では、様々な手法によって推定された影響力の強いノードが実際にどの程度の影響力を有するかを調査することで、各手法の有効性を評価する。実際の影響力は、情報拡散の履歴から求める。分析の結果、特に Collective Influence(CI)、次数中心性、k-core 指標に基づく影響力推定手法の有効性が高いことを示す。さらに本稿では、各手法によって求めた影響力に基づくノードのランキングの相関を調査し、各手法によるノードの影響力の推定が互いにどの程度異なるのかを分析する。その結果、CI に基づくノードランキングと他の手法に基づくランキングの相関は低く、CI に基づく影響力推定は他の手法に基づく推定と大きく異なることを示す。 
(英) Identifying influential nodes in social networks is one of the important research topics in the field of network science. Although various methods have been proposed for identifying influential nodes, studies for the comprehensive evaluation of the various methods have been still limited. In this paper, we evaluate the effectiveness of methods for identifying influential nodes by investigating the actual influence of the identified nodes. Actual influence is obtained from the history of information diffusion on social networks. Our results show that the methods based on Collective Influence (CI), degree centrality, and k-core index are relatively effective. Moreover, we analyze the difference among influential nodes identified with the methods by analyzing the correlations of the node
rankings obtained by them. Consequently, we show that the correlations between the node ranking based on CI and the rankings based on other methods are low, which indicates that influence estimation based on CI is greatly different from estimation based on other methods.
キーワード (和) 中心性指標 / 影響最大化アルゴリズム / ソーシャルネットワーク / 複雑ネットワーク / / / /  
(英) Centrality measures / Influence maximization algorithm / Social network / Complex networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 386, CQ2017-88, pp. 17-22, 2018年1月.
資料番号 CQ2017-88 
発行日 2018-01-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,ユーザ行動,機械学習,一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソーシャルネットワークにおける影響力推定手法の有効性と手法間の関係の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Effectiveness of Influence Measures for Identifying Influencers and their Correlations in Social Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中心性指標 / Centrality measures  
キーワード(2)(和/英) 影響最大化アルゴリズム / Influence maximization algorithm  
キーワード(3)(和/英) ソーシャルネットワーク / Social network  
キーワード(4)(和/英) 複雑ネットワーク / Complex networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 隼平 / Shumpei Takemura /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: UoT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津川 翔 / Sho Tsugawa /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: UoT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-88 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会