お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 17:30
安定した振動通信実現のための信号生成手法
宇佐啓史上岡英史芝浦工大MoNA2017-50
抄録 (和) 情報の付加された振動を,固体媒体に伝搬させることで通信を行う,振動通信方式が提案されてきた.筆者らは,特殊な端末を用いず,スマートフォンに備わった機能のみでこの通信を実現する方法を検討してきた.これまでの研究では,スマートフォンの振動モーターの稼働時間を制御し,生成される振動を変化させることで,振幅変調による振動通信を実現した.しかし,端末のバイブレーション強度や形状の問題により,本通信方式によって通信を行うことができない端末が存在した.本研究では,この問題を解決するための新たな信号生成方式について提案する.本項では,提案方式によるシステムをAndroidアプリケーションとしてスマート端末に実装し,実際に通信を行った評価実験の結果を示す.得られた結果と既存方式とのビットエラーレート,通信速度を比較することで,この提案の有効性を評価する. 
(英) Vibration-based communication, which realizes communication by propagating vibration with information on a solid medium, has been proposed. The authors have considered the way to realize this communication only by using function of smartphone. In the previous research, we investigate vibration-based communication with Amplitude Shift Keying method by changing vibration amplitude. In addition, we changed the strength of vibration by changing smartphone’s vibration motor activating time. However, depending on the size of the device and strength of the built-in motor, communication could not be performed with this proposed method in some cases. In this research, we propose new signal modulation method to resolve the problem. Furthermore, we show the result of evaluation experiment, which conducted communication by implementing proposed system as Android application. We evaluate proposed system by comparing bit error rate and communication speed of obtained result and existing system.
キーワード (和) スマートデバイス / バイブレーション / 近接端末間通信 / 加速度センサ / 振幅変調 / パルス位置変調 / /  
(英) Smart device / Vibrartion / Adjacent terminal communication / Acceleration Sensor / Amplitude Shift Keying / Pulse Position Modulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 390, MoNA2017-50, pp. 51-56, 2018年1月.
資料番号 MoNA2017-50 
発行日 2018-01-11 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2017-50

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) キャンパスプラザ京都(京都市下京区) 
開催地(英) Campus Plaza Kyoto 
テーマ(和) モバイルネットワーク、機械学習応用、モバイルデータ活用、および一般 
テーマ(英) Mobile Network, Application of Machine Learning, Mobile Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-01-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安定した振動通信実現のための信号生成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal Generation Method for Stable Vibration-based Data Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートデバイス / Smart device  
キーワード(2)(和/英) バイブレーション / Vibrartion  
キーワード(3)(和/英) 近接端末間通信 / Adjacent terminal communication  
キーワード(4)(和/英) 加速度センサ / Acceleration Sensor  
キーワード(5)(和/英) 振幅変調 / Amplitude Shift Keying  
キーワード(6)(和/英) パルス位置変調 / Pulse Position Modulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐 啓史 / Keishi Usa / ウサ ケイシ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 17:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2017-50 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会