電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 14:40
継続渡しスタイルの関数型プログラミング言語のインタプリタによる並行処理の設計
小島 渚島 和之広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまでの研究として,継続渡しスタイル(以下,CPS)のラムダ計算を簡潔に表現し,CPSのラムダ式の部分適用について合流性を満たす記法を提案した.
また,その記法に基づくプログラミング言語も提案した.
提案言語はラムダ計算に基づく関数型でありながら,CPSによって命令型に近い記述が可能である.
本稿では,提案言語におけるアクターモデルに基づく並行処理の実装について述べる.
アクターモデルはアクター間のメッセージパッシングとして並行処理をモデル化する計算モデルである.
メッセージパッシングは同期型と非同期型に分類されるが,提案言語において両方を簡潔に記述できることを示す. 
(英) In our study so far, we have proposed the notation which expresses lambda calculus in Continuation-Passing Style (CPS) simply and satisfies confluence for partial application of lambda expressions in CPS. We have also suggest the programing language based on the notation. In spite of the fact that the proposed language is a functional language based on lambda calculus, descriptions in it can be akin to imperative language by CPS. In this paper, we describe the implementation of the concurrent processing based on the actor model in the proposed language. The actor model is a mathematical model which models concurrent processing as message passing among actors. Although message passing is classified as either synchronous or asynchronous type, we present that both of types can be described in the proposed language succinctly.
キーワード (和) アクターモデル / ラムダ計算 / Scheme / メッセージパッシング / / / /  
(英) actor model / lambda calculus / Scheme / message passing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 381, SS2017-42, pp. 47-52, 2018年1月.
資料番号 SS2017-42 
発行日 2018-01-11 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS MSS  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 広島市立大学サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-01-SS-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 継続渡しスタイルの関数型プログラミング言語のインタプリタによる並行処理の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of concurrent processing by an interpreter for the functional programming language in continuation passing style 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクターモデル / actor model  
キーワード(2)(和/英) ラムダ計算 / lambda calculus  
キーワード(3)(和/英) Scheme / Scheme  
キーワード(4)(和/英) メッセージパッシング / message passing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 渚 / Nagisa Kojima / コジマ ナギサ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: HCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島 和之 / Kazuyuki Shima / シマ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: HCU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2017-55,IEICE-SS2017-42 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.380(MSS), no.381(SS) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-01-11,IEICE-SS-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会