電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 11:10
マルチエージェントシミュレーションによるユーザ通信行動を考慮した通信品質推定の検討
塩津晃明池上大介岡本 淳NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大勢の人が特定のエリアに集中するイベントでは,既設の通信リソースの処理能力を超える巨大なモバイルトラヒックが発生し,イベント会場およびその周辺における通信品質の低下により,イベント参加者のモバイル通信サービスの満足度低下につながる.イベント時における通信品質の低下を未然に防ぐ方法として通信リソースの追加配備が考えられ,イベント当日の会場およびその周辺における通信品質と通信リソースの追加配備による変化量を時空間推定しておくことが重要となる.筆者らは,モバイル端末ユーザの通信行動をシミュレートすることでイベント当日のトラヒック量を予測し,予測結果から通信品質を推定する検討を進めている.本稿では,実際に開催されたイベントに対し,予測したトラヒック量とイベント当日に測定した通信品質値の比較により,トラヒック予測結果を用いた通信品質の推定可能性と,トラヒック予測に用いるユーザの通信行動モデルの妥当性について評価する. 
(英) In an event where many people gather in a specific location, a huge mobile traffic exceeding the processing capability of existing communication resources occurs. A degradation of a communication quality at the event venue and its surroundings due to this traffic occurrence, brings down the satisfaction level of mobile communication services. An additional deployment of communication resources can be considered as a way to prevent degradation of the communication quality in advance. In order to additionally deploy communication resources, it is important to estimate spatiotemporally a communication quality and a change amount of one due to deployment of communication resources in the event venue and its surroundings on the day. The authors study to predict an event traffic volume on the day by simulating a communication behavior of a mobile terminal user and to estimate a communication quality from the prediction result. In this paper, we compare a predicted traffic volume and a communication quality measured on the day for an actual event held. Furthermore, we evaluate the possibility of estimating a communication quality using traffic prediction results and the validity of communication behavior model for traffic prediction.
キーワード (和) 通信品質 / イベントトラヒック / ユーザ行動 / マルチエージェントシミュレーション / / / /  
(英) quality of mobile communication / event traffic / user behavior / multi agent simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 386, CQ2017-89, pp. 23-28, 2018年1月.
資料番号 CQ2017-89 
発行日 2018-01-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,ユーザ行動,機械学習,一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチエージェントシミュレーションによるユーザ通信行動を考慮した通信品質推定の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on estimation of mobile communication quality considering user communication behavior by multi agent simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信品質 / quality of mobile communication  
キーワード(2)(和/英) イベントトラヒック / event traffic  
キーワード(3)(和/英) ユーザ行動 / user behavior  
キーワード(4)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / multi agent simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩津 晃明 / Akihiro Shiozu / シオヅ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池上 大介 / Daisuke Ikegami / イケガミ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Jun Okamoto / オカモト ジュン
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-89 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会