電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 15:40
[奨励講演]眼内閃光の発生位置と刺激箇所の依存関係
金丸真奈美上岡英史芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,眼内閃光による視覚障碍者の歩行支援システムの実現可能性を検討してきた.具体的には3つの超音波センサを用いて3方向の障害物検知を行い,その情報をもとに眼内閃光を提示することで視覚障碍者に障害物位置を認識させるというものである.眼内閃光は網膜を含む視覚経路に刺激を与えることで認識することができる現象である.その位置は電極配置の位置に依存するものと考えられているがそのメカニズムは依然として解明されていない.本稿では複数の刺激装置を用いた電極配置による眼内閃光の提示を提案し,その有効性を議論する. 
(英) In this study, the realizability of the walking support system for blind people using phosphene has been investigated. Concretely, the obstacles in three direction is detected by three ultrasonic sensors, and the user perceive phosphene which is presented on the obstacles information. Phosphene is a phenomenon that is perceived by stimulating to retinae from visual pathway. It is considered that the position of phosphene is depending on the stimulated position but the mechanism remain uninterpreted. In this paper, the indication of phosphene using multi electrodes placements of stimulation device will be proposed, and the availability will be discussed.
キーワード (和) 歩行支援 / 視覚障碍者 / 眼内閃光 / tACS / / / /  
(英) Walking support / Blind people / Phosphene / transcranial Alternating Current Stimulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 390, MoNA2017-46, pp. 27-32, 2018年1月.
資料番号 MoNA2017-46 
発行日 2018-01-11 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) キャンパスプラザ京都(京都市下京区) 
開催地(英) Campus Plaza Kyoto 
テーマ(和) モバイルネットワーク、機械学習応用、モバイルデータ活用、および一般 
テーマ(英) Mobile Network, Application of Machine Learning, Mobile Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-01-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼内閃光の発生位置と刺激箇所の依存関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The relationships of dependence among the stimulated position and the area perceived phosphene 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行支援 / Walking support  
キーワード(2)(和/英) 視覚障碍者 / Blind people  
キーワード(3)(和/英) 眼内閃光 / Phosphene  
キーワード(4)(和/英) tACS / transcranial Alternating Current Stimulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金丸 真奈美 / Manami Kanamaru / カナマル マナミ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2017-46 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会