電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 16:35
東洋医学に基づく五臓六腑および十二正経のペトリネットモデルの構築
甘 泉高橋柚有山口大)・呉 靭山口短大)・中田 充葛 崎偉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は人体経絡のペトリネットモデルを構築することを目的とする.これまで,我々は三焦を含む五臓六腑のペトリネットモデルおよび心包経・腎経を加えた結合モデルを提案してきた.本論文では,これまでの五臓六腑モデルに人体の主要な経絡である十二正経を加えた人体経絡のペトリネットモデルを構築する.構築されたモデルの有用性を検証するために,よく見られる二つの病気であるパーキンソン病,リウマチについて,鍼灸治療のシミュレーションおよびその結果分析を行う. 
(英) This paper focuses on constructing a Petri net model of a human body meridians.
Till now, we have proposed a Petri net model of internal organs, including Sanjiao, and an integrated model with pericardium meridian and kidney meridian. In this paper, we build a Petri net model of internal organs with twelve principal meridians. In order to verify the usefulness of the constructed model, we simulate an acupuncture and moxibustion therapy and analyze the results on Parkinson's disease, rheumatoid and arthritis, which are two common diseases of human.
キーワード (和) 五行説 / 五臓六腑 / ペトリネット / モデリング / 十二正経 / / /  
(英) five-elements theory / internal organs / Petri net / modeling / twelve principal meridians / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 380, MSS2017-59, pp. 71-76, 2018年1月.
資料番号 MSS2017-59 
発行日 2018-01-11 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS MSS  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 広島市立大学サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-01-SS-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 東洋医学に基づく五臓六腑および十二正経のペトリネットモデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of a Petri Net Model of Internal Organs and Twelve Principal Meridians Based on Traditional Chinese Medicine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 五行説 / five-elements theory  
キーワード(2)(和/英) 五臓六腑 / internal organs  
キーワード(3)(和/英) ペトリネット / Petri net  
キーワード(4)(和/英) モデリング / modeling  
キーワード(5)(和/英) 十二正経 / twelve principal meridians  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 甘 泉 / Quan Gan / カン セン
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 柚有 / Yuu Takahashi / タカハシ ユウ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 靭 / Ren Wu / ゴ ジン
第3著者 所属(和/英) 山口短期大学 (略称: 山口短大)
Yamaguchi Junior College (略称: Yamaguchi Junior College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 充 / Mitsuru Nakata / ナカタ ミツル
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛 崎偉 / Qi-Wei Ge / カツ キイ
第5著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2017-59,IEICE-SS2017-46 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.380(MSS), no.381(SS) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-01-11,IEICE-SS-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会