お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 11:00
VR環境における実物体のカードを用いたタンジブルインタフェースの評価
大川恭平中村喜宏日大PRMU2017-123 MVE2017-44
抄録 (和) バーチャルリアリティシステムは「3次元の空間性」「実時間の相互作用」「自己投射性」の3つの要素を兼ね備えたものが理想とされている。現代のバーチャルリアリティシステムの多くは 「3次元の空間性」「実時間の相互作用」の2つの要素に関しては既に理想に近いものが世に出ているが「自己投射性」に関しては発展の余地があると言える。バーチャルリアリティは人間の持つ多くの感覚を活用することによって「自己投射性」を高めていると言え「没入感」は「自己投射性」に近いものと言える。現代のバーチャルリアリティにおいては、視覚や聴覚を主として使うものが多く、触覚を使う技術は未だ発展途上段階と言える。具体的には、没入型HMDとヘッドホンを装着しゲームパッド型コントローラかコントローラの位置をVR上に反映できるモーションコントローラなどがあり、物体を掴む際の触覚などは考慮されていない。特に従来のトランプなどのカードゲームにおいてカードの操作(選択、移動、めくりなど)をする際のコントローラ操作は触覚に関する「自己投射性」はほぼ無いと言える。そこで本研究では触覚を主として使うためARマーカーをプリントしたカードを用いるタンジブルインタフェースを提案し、従来のカードゲームのコントローラによる操作と比較を行い、タンジブルインタフェースを用いることによりどのような影響があるのかを評価実験により検証した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) VR / AR / バーチャルリアリティ / カード / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 392, MVE2017-44, pp. 101-106, 2018年1月.
資料番号 MVE2017-44 
発行日 2018-01-11 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-123 MVE2017-44

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 大阪府立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) AR,VR関連技術とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VR環境における実物体のカードを用いたタンジブルインタフェースの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tangible interface using real cards in VR environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR /  
キーワード(2)(和/英) AR /  
キーワード(3)(和/英) バーチャルリアリティ /  
キーワード(4)(和/英) カード /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 恭平 / Kyohei Okawa / オオカワ キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 喜宏 / Yoshihiro Nakamura / ナカムラ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2017-123,IEICE-MVE2017-44 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.391(PRMU), no.392(MVE) 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-01-11,IEICE-MVE-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会